アルファードハイブリッドのモデルチェンジと歴史

アルファードハイブリッドの歴史を
基本構成燃費性能動力性能などを用いて説明させて頂きます。

歴史

新型アルファードを30万円以上

歴史(誕生、生産中止、復活)

(1)誕生

アルファードのハイブリッドの誕生は2003年7月のことです。

(2)新モデル追加

初代アルファードの誕生が2002年5月ですから、
それから1年後(2003年)にはハイブリッドモデルが追加されたわけです。

(3)生産中止

2003年に追加されたアルファードのハイブリッドモデルは、
2008年5月のフルモデルチェンジではラインナップから除外されました。

(4)復活

2008年5月に生産中止となったアルファードのハイブリッドモデル。

復活は、2011年11月です。

フルモデルチェンジ後の現行モデルでの復活は、
2011年11月まで待たなければなりませんでした。

この復活は、ユーザーからの強い要望を受けてのことのようです。

お願い

基本構成(エンジン、駆動方式)

モデルチェンジ後に復活した2代目のアルファードハイブリッドでは、
2400ccの直列4気筒エンジン、
セルモーター兼発電機+前後輪用の2個のモーターで駆動する
4WDシステム、という基本構成は変わりません

しかし、可変電圧システム採用により駆動電圧が大幅に引き上げられ、
モーターも強力になっています。

これは、最大出力でみると、

  (フロント) 13kW → 105kW
  (リ  ア) 18kW → 50kW

へという大幅なパワーアップです。

パワーアップ

充電容量も増えていますので、
EVボタンによるモーターのみでの走行も可能になっています。

燃費性能

燃費についても、10・15モード燃費で比較してみます。

(初代ハイブリッドモデル)

  リッター16.4キロ~17.2キ

(2代目ハイブリッドモデル)

  リッター19キロ

JC08モードでは、17.0kmへと大幅な向上が図られています。

2代目のアルファードハイブリッドでは、エンジンにも大幅な改良が加えられており、
静粛性が高められる一方で、大幅なパワーアップが図られています。

最高出力は次のような進化をしています。

(初代ハイブリッドモデル)

  131ps(96kW)/5600rpm

(2代目ハイブリッドモデル)

  150ps(110kW)/6000rpm

最高出力は29ps上昇しています。

このため、モーターのパワーアップと相まって走行性能は大きく向上しています。

アルファードハイブリッドは初代から2代目へのモデルチェンジで大きく進化しましたが、
もうすぐ発売される3代目がどのような進化を果たすのか今から楽しみですね。

同時によく読まれている記事

 

>>>  目次ページに戻る

 

—————————————————————————–
【PR : カスタムパーツ】

Amazonのツールを使用して、
アルファード用カスタムパーツをご覧頂くページを作成しました。

「アルファード全体」「10系」「20系」等カテゴリー選択だけ簡単にご覧頂けます。

↓のページで説明していますので、どうぞご覧下さい。

>>>  アルファード用カスタムパーツ一覧はこちらから
—————————————————————————–

 

「アルファード ハイブリッド」関連記事は下記よりご覧になれます。
         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です