アルファード30系にデイライトを採用するメリット・デメリット

アルファード30系では上級グレードにはデイライトが採用されていますが、その効果はどんなものでしょうか。

ここでは、アルファード30系にデイライトを採用するメリット・デメリットをカスタム化も含めて整理しておきましょう。

新型アルファードを30万円以上

アルファード30系の純正デイライト

アルファード30系の場合、Executive Lounge、GF、G、SA“Cパッケージ”、S“Cパッケージ”にはイルミネーション(デイライト)機能付ヘッドライトが装着されています。

alphard30-daylight-01

ヘッドライトとクリアランスランプのまわりのライン状の部分がイルミネーション(デイライト)として発光するわけですが、

イルミネーション付きはクリアレンズがはめ込まれているのに対し、イルミネーション無しはメッキパーツが付けられているのです。

アルファード30系の純正デイライトのメリット・デメリット

アルファード30系に限らずデイライトのメリットは、本来は昼間の視認性の向上による事故防止です。

ただ、一般的にはそれ以上に見た目のカッコ良さが重視されています。

アルファード30系の場合はヘッドライトと一体的なデザインなので、非常に洗練されていますし、昼間だけでなく、クリアランスランプやヘッドライト点灯時にもライトまわりの存在感をアップさせてくれます。

デイライトのデメリットは、常時点灯するのでバッテリー負荷が大きくなることですが、基本的には消費電力の小さいLEDを使っていますので、あまり深刻に考える必要はないかもしれません。

また、アルファード30系の純正デイライトは非常に趣味はいいのですが、ある程度以上のグレードには標準装備されていますので、装着していてもあまり目立たないというところがデメリットといえばデメリットでしょうか。

アルファード30系に社外品のデイライトを装着する

アルファード30系に別途社外品のデイライトを装着することも可能です。

光量が300カンデラ以下であることが条件ですが、色は白だけでなく青もOKなのです。

保安基準規定に適合すれば車検もOKですから、カスタム化を考えてもいいかもしれません。

純正デイライトと違って他のアルファードと差別化が図れますから、間違いなく目立ちます。

満足感も高いはずです。

実際のパーツをいくつか紹介してみましょう。

まず、この製品は、5ミリという薄型なのでどこにでも装着できますし、オートスタートセンサーでエンジンがかかっている状態の時だけ点灯する設計なので、面倒な配線がほとんどありません。

バッテリーから直接電源を取ればいいのです。

価格も税込み、送料別で2,980円ですから、気軽に装着することができます。

この製品は、車内にスイッチを別途装着する必要がありますが、14ミリという厚さですから、フロントグリルなどに簡単に装着できます。

価格が税込み、送料込みで1,480円というのもうれしいところです。

アルファード30系純正デイライトは完成度が高く洗練されているので、オリジナリティということにこだわらなければ満足感の高い装備です。

社外品を使うと、車検適合の問題はありますが、かなり低価格で独自性を発揮できます。

DIYとしてもハードルは低いので、試してみてもいいかもしれません。
 

新型アルファードを最大値引きで購入する方法!

新型アルファードの発売から1年以上経過しましたが引き続き大人気ですね。

それにしても高級車のアルファードの価格は高額です。

出来れば安く購入したいと思いませんか?

これからご紹介する方法を正しい手順で実施して
最安で購入にチャレンジしてみてください

モデルチェンジ直後だろうと決算期でなくても関係ありません!

家にいても出来るほどカンタンな方法です。

実践するかしないかは自由なので、
内容だけでも確認してみてください。

>>> 詳細はこちらから!

 

>>>  目次ページに戻る

「新型アルファード」関連記事
下記の「関連記事」欄でご覧になれます。

         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です