アルファード 30系 車高調の注意点とパーツ

アルファード 30系に限らず、足回りのカスタム化のポイントはローダウン、それも車高調でしょう。

ここでは、そんなアルファード 30系 車高調の注意点とパーツをチェックしておきましょう。

新型アルファードを30万円以上

アルファード 30系 ローダウンのメリット

アルファード 30系のようなワイドミニバンはどうしてもコーナーでローリングが大きくなったり、高速時に走行が不安定になったりという問題があります。

アルファード 30系の場合はリアサスペンションに高級なダブルウィッシュボーンを採用しているのでこうした問題はかなり軽減されているのですが、それでも気になることは間違いありません。

この場合、ローダウンすれば重心も下がりますからこうした問題はかなり改善されます。

とはいえ、背が高いことは変わりませんから、根本的に解決できるわけではありません。

そんなことより効果が大きいのは、見た目の迫力アップです。

これがカッコよく見えるかどうかは価値観の問題もあるのですが、ちょいワル風のインプレッションはある種こたえられないものがあるのです。

アルファード 30系 ローダウンのデメリット

ただ、メリット以上にデメリットが大きいのがローダウンなのです。

ローダウンのメリットは車体と路面の間の隙間が小さくてカッコよくなることですが、これは、ちょっとした段差や、場合によっては路面のアンジュレーションによって車体下部が路面にこすってしまう原因にもなります。

特にローダウンした場合には高級なエアロで最低地上高も下げていますから、被害が大きくなるのです。

しかも、ローダウンによりサスペンションのストロークは短くなりますから、乗り心地は悪くなりますし、サスペンションの機能も劣化してしまうのです。

アルファード 30系 車高調のメリットと注意点

そこでアルファード30系をローダウンする場合にはぜひとも車高調を使うことをおすすめしたいのです。

車高調というのは、ショックアブソーバーとスプリングがセットになっていて、車高や場合によっては減衰量まで自由に調整できるのです。

もちろんエアサスほど簡単ではありませんが、ローダウンの鬼門である積雪路、しかも轍などでは、事前に車高を上げておけば、高価なエアロがガタガタになるといった悲劇を回避することができるのです。

また、ローダウンのようにストローク量が極端に減る仕組みではありませんから、走行性能の悪化も少なくてすみますし、乗り心地も極端には悪化しないのです。

アルファード 30系 車高調の注意点

アルファード30系の車高調を採用する場合には、ネジ式とフルタップ式のどちらを採用するのか、減衰量の調整は必要かという問題があります。

フルタップ式は車高を下げてもストローク量が変わらないので、乗り心地も変わらず、細かいセッティングが可能ですが高価になります。

また、減衰量は調整できたほうがいいのですが、高価になりますから街乗りだけなら必要ない機能かもしれません、ただ、気をつけなければならないのはあまりに安い製品は買わないことです。

最近は国産でも5~6万円で車高調が買えないこともなく、アジアン製品はもっと安いのですが、車庫調はローダウンに比べると、調整可能なだけ壊れやすい仕組みですから、極端に安いものは避けたほうがいいかもしれません。

それから、車検に通ることは大前提です。最低地上高は9センチ以上必要ですから、そのあたりも含めて、信頼できるショップかディーラに頼むといいでしょう。

アルファード 30系 車高調のパーツ

ローダウンの場合は、4輪分の部品代が2~3万円くらいですが、車高調の場合は安くて10万円前後というのが常識でしたが、最近ではアルファード 30系でも6万円くらいでも手に入ります。

これなら工賃を入れても10万円を切る場合もそうです。

そんな中でいくつかパーツを紹介してみましょう。

まずローダウンや車高調ではお馴染みのTEINの製品です。

税込み、送料込みで83,430円とそこそこの価格で、信頼性は高いものがあります。

TEIN 車高調 FLEX Z

 

最安値はタナベのこの製品で、税込み、送料込みで61,191円です。

安いとはいえタナベの製品ですし、ネットの評判も悪くないようです。

タナベ 車高調 サステックプロCR

 

アルファード30系をローダウンしてカッコいいと思うかどうかは意見が分かれるかもしれませんが、ローダウンするなら車高調です。

最近は価格も安くなってきてローダウンサスとさして変わらないものもあります。

ただ、乗り心地を大きく損なわないように適度なローダウンにしておくことをおすすめします。

新型アルファードを最大値引きで購入する方法!

新型アルファードの発売から2年以上経過しましたが引き続き大人気ですね。

それにしても高級車のアルファードの価格は高額です。

出来れば安く購入したいと思いませんか?

これからご紹介する方法を正しい手順で実施して
最安で購入にチャレンジしてみてください

モデルチェンジ直後だろうと決算期でなくても関係ありません!

家にいても出来るほどカンタンな方法です。

実践するかしないかは自由なので、
内容だけでも確認してみてください。

>>> 詳細はこちらから!

 

>>>  目次ページに戻る

「アルファード30系」関連記事
下記の「関連記事」欄でご覧になれます。

         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です