アルファード30系 ホイールによるカスタム化の効果

アルファード30系は全グレードにアルミホイールが設定してあります。

多くの方は標準設定のアルミホイールをそのまま使いますが、中にはアルミホイールを交換する方が多いの事実です。

ではなぜアルミホイールを交換するのでしょうか?

1番の目的はアルミホイールをカスタム化することにより見栄えが大きく変わるからですね。

また、多くの方はアルミホイールを交換することだけでなく、同時にタイヤの扁平率を変えたりしています。

タイヤの扁平率を大きく変更すると標準のアルミホイールでは対応できないため、アルミホイールの交換が必要となるのです。

この記事ではアルファード30系のホイールのカスタムかの効果を検証していきます。

新型アルファードを30万円以上

アルファード30系標準のホイールサイズ

まずはアルファード30系標準のホイールサイズを確認していきます。

【ハイブリッド】

225/60R17(17?6 1/2J)
215/65R16(16?6 1/2J)

【ガソリン】

235/50R18(18?7 1/2J)
225/60R17(17?6 1/2J)
215/65R16(16?6 1/2J)

アルファード30系用ホイールとホイールのセット価格

【235/50R18(18?7 1/2J)】

 

STEINER FORCED SF-V?DELINTE DH2 96,990円

 

LEONIS GREILA BK/SC?DUNROPエネセーブRV504 153,690円

 

Stich LEGZAS FUHLER?YOKOHAMA BluEarthRV-02 140,110円

【225/60R17(17?6 1/2J)】

 

ENKEI オール オールトゥウェルブ?DUNROP エナセーブ RV504 154,800円

 

ENKEI パフォーマンスライン PF01?YOKOHAMA Bluearth RV-02 130,800円

 

ウェッズスポーツ SA-20R?BRIGESTONEエコピアPRV 154,000円

【215/65R16(16?6 1/2J)】

 

RIZLEY JT?ダンロップ エナセーブ RV504 88,210円

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

YOKOHAMA ECOS ES31 215/65R16HotStuff G.speed P-02 16 X 6.5 +38 5穴 114.3
価格:71570円(税込、送料無料) (2017/5/6時点)

 

HotStuff G.speed P-02?YOKOHAMA ECOS ES3 71,570円

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

ミシュラン Premier LTX 215/65R16WEDS ライツレー KS 16 X 6.5 +40 5穴 114.3
価格:90300円(税込、送料無料) (2017/5/6時点)

 

WEDS ライツレー KS?ミシュラン Premier LTX 90,300円

2度のサイズもタイヤとのセットという事がありますが、ホイールサイズの違いによって価格も大きく変動しています。

中でも「215/65R16」に関しては、タイヤとホイールセットでも10万円を下回る価格であるのに対し、「225/60R17」「235/50R18」ともに15万円を上回る価格帯となっています。

アルファード30系のホイールをインチアップすることで期待出来る効果

ここでは、ホイールのインチアップを行うことで期待できる効果を見ていきましょう。
車のタイヤとホイールを合わせたサイズには限界があります。

このサイズには大きくても小さくてもよくありませんので、タイヤの厚みが薄くなればホイールのサイズを大きくする必要があり、タイヤの厚みが分厚くなれば、ホイールのサイズは必然的に小さくしなければいけません。

通常、ホイールサイズをインチアップすることで、タイヤは薄くなりますが、その分、タイヤの幅は広くなります。

タイヤの幅が広くなるということはタイヤと路面の設置面積が増えるため、グリップ力が増すことにつながる反面、タイヤの負荷も大きくなるため強度が必要になります。

このため、タイヤの価格も上昇することにつながります。

では、ホイールサイズ5インチアップすることで期待できる効果として、1番の効果はやはり見た目です。

見た目タイヤが大きく目立つことでホイールデザインも見ているものの視界に入ってくるようになります。

そして、アルファードのエクステリアにカスタム化をほどこしている場合にはエクステリアの迫力に出ホイールに変身させることができます。

そして、走りの面ではタイヤのグリップが増すことによりコーナリングでの安心感も高まります。

ここではインチアップについて期待できる良い面をお伝えしましたが、注意すべきことがありますので、次はその部分を見ていきます。

インチアップで注意すべきこと

先ほどホイールをインチアップすることでタイヤと路面の設置面積が増えコーナリングでの安定感につながるとお伝えしました。

しかし、その分サスペンションがそのままだとロールが大きくなりますので場合によってはサスペンションやショックアブソーバーの変更も必要になってきます。

また、タイヤと路面の設置面積が増えることにより、路面の振動をよく拾うようになったり、燃費が悪化する。そしてタイヤの曲も遅くとも約なるということを考慮しておくことが必要になります。

カスタム(エアロ)パーツとしてのホイール交換

ホイール交換は単なるホイール交換ではなく、見た目を良くし、さらに走りを良くすることにつながりますので、間違いなくカスタムかに貢献しているといえます。

むしろカスタムかの第一歩と言っても過言ではありません。

まとめ

この記事では、「アルファード30系 ホイールによるカスタム化の効果」というテーマで話進めてきました。

単なるホイール交換ではなく、十分にカスタムカーパーツと1つだと認識して頂けたのではないでしょうか。

ただ、ホイールをインチアップすることによる、多少なりとも悪影響がありますので、その点は十分注意する必要があります。

アルファード30系を最大値引きで購入する方法!

アルファード30系の発売から2年以上経過し、マイナーチェンジが囁かれる時期になりました。

値引き幅が拡大したとはいえ、高級車のアルファードの価格は高額です。

出来れば安く購入したいと思いませんか?

これからご紹介する方法を正しい手順で実施して
最安で購入にチャレンジしてみてください

モデルチェンジ直後だろうと決算期でなくても関係ありません!

家にいても出来るほどカンタンな方法です。

実践するかしないかは自由なので、
内容だけでも確認してみてください。

>>> 詳細はこちらから!

 

>>>  目次ページに戻る

「アルファード30系」関連記事
下記の「関連記事」欄でご覧になれます。

         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です