車を安く購入するには?(代行費用を抑える編)

総コストを抑える4つ目の項目は「代行費用を抑える」ということです。

shakoshoumei

 

どのようなことかというと、見積書の中をご覧いただくと分かるのですが、
本来購入者が自ら行えば費用のかからない項目があります。

 

新型アルファードを30万円以上

具体的には「車庫証明書の登録」や「納車費用」が該当します。

 

車庫証明書

車庫証明書の登録に関しては、
現在では車の所有者自身による手続きも容易になっていますので、
時間さえ確保できるのであれば、
ご自身で行えば車庫証明に関する費用は削ることが可能です。
 

車庫証明を自分行うことをディーラー側のセールスマンに伝えると、
「嫌な顔」をするかもしれませんが気にしないでいきましょう。

ディーラー側からすると、
簡単に得ることが利益がなくなるので嫌な顔をしているだけです。

 

納車費用

納車費用に関してもディーラーから購入者様の家にセールスマンが車を届ける費用ですので、
購入者自らがディーラーに出向けるのであれば、この費用に関しても削る事は可能です。

納車

公共交通機関を利用できるのであれば、購入者さんがディーラーまで出向き、
車を受け取った後、自ら運転して帰ることでコストを下げることが可能になります。
 

次回はサービス品を獲得する(サービス品の獲得編)ことをテーマにお話します。
 

———————————————————————————————–
【PR】 無料査定サービス

・今の車の適正価格を知りたい
・今の車を出来るだけ高く売りたい
・今の車の下取り交渉を上手く進めたい

と思われているのであれば、新車ディーラーとの交渉前に一度、
『無料査定サービス』をご利用してみてはいかがでしょう。

無料」「最小の入力」、成約後は「翌日振込み」のサービス。
↓の記事でサービスの内容をご紹介しています。
>>> 無料査定サービスの説明記事はこちらから
———————————————————————————————–

 

>>>  前記事(購入時期を意識する編)

>>>  次記事(サービス品の獲得編)

>>>  目次ページに戻る

 

「車を安く購入するには?」関連記事は下記よりご覧になれます。
         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です