車を安く購入するには?(保有車の処遇編)

ここでは、現在保有している車の処遇について話を進めていきたいと思います。

kangaeru

もし、現在保有している車がないのであれば、
この項目はスキップしていただきて結構です。

現在保有している車があれば、その車の処遇として考えられるパターンは

廃車」か「売却」することが考えられます。

新型アルファードを30万円以上

廃車する場合

廃車する場合の処遇を考えていきます。

現在の車を廃車にする場合何もしなければ、

  • 新車を購入するディーラーに無料で引き取ってもらうか、
  • 逆に廃車費用を支払って引き取ってもらうか

になると思います。

しかし、たとえ車を廃車する場合であっても、
高く買い取ってくれる中古車ディーラーがあるかもしれません。

例えば↓ようなサービスです。


>>> 廃車買取のことなら廃車らぶ


このサービスは無料で廃車費用を見積もってくれますので、
現在自分が保有している車がどの程度の価値があるのかを知る上で
行ってみて損はないサービスだと思います。
 

このサービスで知り得た現在の車の価格がわかれば、
新車を購入の交渉の場で大きな武器になるはずです。
 

交渉次第ではディーラーで廃車するのではなく
無料査定を行った中古車ディーラーで買い取っていただく方が
総コストを抑えることができるかもしれません。

 

売却する場合

次に売却する場合も同じように考えてみます。

現在の車のを売却先は新車を購入ディーラーだけと考えているでしょうか?
 

一般的に新車ディーラーは、中古車を販売するディーラーも運営しています。
 

新車販売の際に下取りとして車を安く仕入れ
自社の運営する中古車ディーラーで高く売るのです。
 

自動車ディーラーでは
新車販売中古車販売を合算して
利益を上げようと考えている
のです。


ということは、


下取り車を深く考えず新車ディーラーに売却するのは問題があるかもしれません。
 

もしかしたら、独立系の中古車センターに売却すれば、
新車ディーラーよりも高く買い取ってくれたかもしれませ
ん。


車の売却に関しても、廃車の時と同じように、
できるだけ高く買い取ってもらえる中古車ディーラーをあらかじめ探しておく事は
総コストを抑える大きな手段となります

 

現在所有している車の正しい査定を知るためには
次のようなサービスがありますので活用してみてはいかがでしょうか。

     ↓ ↓


 >>> 楽天の愛車一括査定!

★ 気になる愛車のお値段は?愛車の一括査定でもれなくポイントプレゼント!  ★

簡単な情報を入力するだけで査定価格が返却されてくる仕組みとなっています。


相互コストを抑える1つ目の項目として保有車の処遇について話を進めてきました。


現在、車を保有されている方については、この項目で説明させて頂いたように、
廃車を考えている場合であっても、売却を考えている場合であっても
「無料査定のサービス」を受けられることをおすすめします。
 

複数の回答を得ることによって正確な車の査定金額が把握できるようになります


最終的には新車ディーラーに任せるにしても総支出を抑えることにはつながるはずです。


次回は値引きの引き出し方(値引き編)をテーマにお話します。

 

———————————————————————————————–
【PR】 無料査定サービス(1社からのみ査定を希望する場合)

・今の車の適正価格を知りたい
・今の車を出来るだけ高く売りたい
・今の車の下取り交渉を上手く進めたい

と思われているのであれば、新車ディーラーとの交渉前に一度、
『無料査定サービス』をご利用してみてはいかがでしょう。

無料」「最小の入力」、成約後は「翌日振込み」のサービス。
↓の記事でサービスの内容をご紹介しています。
>>> 無料査定サービスの説明記事はこちらから
———————————————————————————————–

 

>>>  前記事(車を安く購入する方法は値引きだけか?)

>>>  次記事(値引き編)

>>>  目次ページに戻る

 

「車を安く購入するには?」関連記事は下記よりご覧になれます。
         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です