新型アルファード Vs エルグランド(内装・居住性・エクステリア)

newalphard-elgrand-naisou

新型アルファード、エルグランドとも国産ミニバンの最高峰です。

内装の豪華さや居住性、乗り心地の良さはいずれも折り紙付きですが、
そこをしっかりとチェックしてみましょう。

新型アルファードを30万円以上

内装

新型アルファードもエルグランドも内装には贅を尽くしています。

全体的に言えることは新型アルファードの豪華さが目立つことです。

アルファード
naisou-gazou-alphard
エルグランド
naisou-gazou-elgrand

居住性の面で重要なシートの造り込みなどはエルグランドの方に
一日の長がありますが、見た目の豪華さはアルファードの方が
上のような気がします。

コストを抑えながら豪華さを演出するというのは
トヨタの得意とするところですが、口コミなどを見ると、
プラスチック感が旧モデルより増したという意見もあるようですね。

居住性

【フロアの高さ】

新型アルファードとエルグランドの一番大きな違いは床の高さです。

エルグランド低床設計

アルファードアイポイントの高さ重視です。

だから、エルグランドの方が圧倒的に乗り降りしやすい一方で、
こうした車の訴求ポイントでもある視点の高さの点では
アルファード
です。

ただ、エルグランドにしても、運転席の高さ調整幅が
非常に大きいこともあり、十分に高い視点は確保しています。

【室内空間】

室内空間に大差はありませんが、カタログデータを見ると
アルファードの方が若干広いことがわかります。

低床設計のエルグランドは天井も少し低めになり、
着座位置も下がって、足を投げ出して座ることを
前提にしています。

一方、アルファードは座席の高さもあり、
足を下に伸ばして座る普通のミニバンのレイアウトです。

どちらがいいかは好みの問題ですが、室内空間を有効活用する
と言う点ではアルファードにアドバンテージがあるかもしれません。

【エルグランドのセールスポイント】

エルグランドの肩を持つなら、セカンドシートの
シートバック中折れ機能はエルグランドオリジナルの機構で、
リラックスした姿勢を維持できるというスグレモノです。

nakaorekinou-gazou

長距離ドライブによる疲労軽減にも効果があるみたいです。

また、特にエルグランドで効果を発揮する助手席の
オットマン(足置き台)が全車標準装備というのもいいですね。

ottoman-gazou

【アルファードのセールスポイント】

アルファードの場合、足を真下に伸ばせることによる
足元の広さに加え、そもそも室内空間自体が広いので、
全員乗車時の荷物の積載量はエルグランドの上をいきます。

7人乗り、8人乗りなど、多彩なシート構成やアレンジを
持っていますし、上級モデルにはゴージャスなシートも
用意されています。

seat-arrange-gazou

エクステリア

新型アルファードの特徴はフロントマスクで、
派手で豪華な印象を強く受けるデザインです。

車高がエルグランドより80mmも高いこともあって、
強い存在感を誇示しています。

エルグランドは、車高を抑えたこともあって、
端正で精悍な印象を強く打ち出しています。

両車とも、メッキグリルなどを駆使して外観にも
贅を尽くしていますから、あとは好みの問題、
どちらを選んでも十分な満足感は得られるはずです。

新型アルファード、エルグランドとも、
フラグシップモデルだけあって、
内外装、居住性とも高いレベルにあります。

ただ、いずれも目指す方向が若干違っていますから、
高価な車でもあるので、どちらが好みに合うか
しっかりと確認する必要があるようですね。

 

エルグランドは日産、アルファードはトヨタの超人気ミニバンです。

どちらもかなり高額車種なのでお金を持っている方が購入する
傾向にありますが、頑張ってちょっと無理をして購入されている
という方も少なくないですね。

少しでも安く購入したいと思っている方もいると思います。

そんな方にはぜひ下記の記事にも一度目を通して見て下さい。

エルグランデやアルファードであっても、
思った以上に安く購入出来る方法です。

使えるか使えないかは一度目を通すことでわかる
と思います。

アルファード・エルグランドを最大値引きで購入する方法!

高級車のアルファードやエルグランドの価格は高額ですね。

出来れば安く購入したいと思いませんか?

これからご紹介する方法を正しい手順で実施して
最安で購入にチャレンジしてみてください

モデルチェンジ直後でも関係ありませんよ!

決して難しい方法ではないので、
家にいても出来るほどカンタンな方法です。

実践するかしないかは自由なので、
内容だけでも確認してみてください。

「えっ、そんなこと・・・」

って、感じるかもしれませんが
その時は読み飛ばして頂ければ結構ですよ。

>>> 詳細はこちらから!

 

>>>  目次ページに戻る

「新型アルファード」関連記事
下記スポンサードリンク下の「関連記事」欄でご覧になれます。

         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です