アルファード30系 納車最新情報

newalphard-newnouki-t

アルファード30系は、20系の時にはどちらかというと姉妹車のヴェルファイアの方が人気がありました。

しかし、30系が発表されてからはガラリと変わったフロント部分のエクステリアの影響もあり、アルファードの方が人気を集めています。

このような背景があり姉妹車のヴェルファイアとともに発売から人気が沸騰し、かなり長い納車待ちの状況でした。

増産体制も整ったようですが、ここではアルファード30系の納車最新情報をお伝えします。

新型アルファードを30万円以上

アルファード30系 発売直後の状況

アルファード30系の発売直後の受注状況は凄まじい状況でした。

なんと、発売からおよそ1ヶ月後の2月25日時点では月間目標販売台数3,000台に対して20,000台を受注するというすごい数字になっていました。

この頃の納期ははおよそ7カ月ほどでした。

ちなみに、ガソリン車とハイブリッド車の受注割合は2:1で、ハイブリッド車の人気の高さがうかがえます。

この当時の納車はグレードによって違っていて、ものによっては半年、早いもので2~3カ月という状況だったようです。

アルファード30系の生産体制

アルファード30系は、トヨタ車体株式会社のいなべ工場で製造していますが、3月以降の登録台数を見ると、推測ですが月間目標販売台数3,000台の5割増しくらいの生産体制をとっているようです。

早出、残業、休日勤務で、ラインの増設までは行っていないみたいですね。

アルファード30系 現在の納車状況

トヨタのホームページでは3カ月以上の納車期間を要するものについて「納期目処のご案内」のアナウンスをしています。

30系アルファードは2018年1月にマイナーチェンジを実施しましたので、現在は若干納期が長くなっています。

具体的には、2018年4月19日現在、「Executive Lounge」が注文から納車までの期間は7ヶ月から8ヶ月、そん他のグレードの納期は4ヶ月程度となっています。

ビッグマイナーチェンジが実施されてからあまり時間が経っていないのでしばらくはこの状態が続きそうですね。

新型アルファードを最大値引きで購入する方法!

新型アルファードの発売から3年以上経過しビッグマイナーチェンジが実施されました。

それにしても高級車のアルファードの価格は高額です。

出来れば安く購入したいと思いませんか?

これからご紹介する方法を正しい手順で実施して
最安で購入にチャレンジしてみてください

モデルチェンジ直後だろうと決算期でなくても関係ありません!

家にいても出来るほどカンタンな方法です。

実践するかしないかは自由なので、
内容だけでも確認してみてください。

もしかしたら「知ってるよ!」
という内容かもしれませんが、
秘策3』については確認してみてください。

「えっ、そんなこと・・・」

って、感じるかもしれませんが
その時は読み飛ばして頂ければ結構ですよ。

>>> 詳細はこちらから!

 

>>>  目次ページに戻る

「新型アルファード」関連記事
下記の「関連記事」欄でご覧になれます。

         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です