アルファード20系後期のカスタムパーツの選び方


アルファード20系はもちろんそのまま乗ってもいいのですが、
カスタム化して自分だけのアルファードにする楽しみもあります。

アルファード20系のカスタムパーツについて説明させて頂きます。

新型アルファードを30万円以上

カスタムパーツ1

カスタム化本来の目的

(1)カスタム化の目的

車のカスタムというのは、
もともと空力特性走行性能のアップを狙ったもので、
具体的にはエアロパーツを装備することで実現します。

レーシングカー


(2)主なエアロパーツと目的

【フロントスポイラー】

フロントスポイラー

フロントスポイラーは車の下側への空気の流入を防いで
揚力を抑えるパーツです。

【リアスポイラー】

リアスポイラー

リアスポイラーは飛行機の翼を裏返した構造をしており、
車体を地面に押し付ける役割を果たすパーツです。

【サイドステップ】

サイドステップ

サイドステップやエアロガーニッシュも
気流を調整する役割を持ったパーツです。

しかし、こうしたエアロパーツの効果が出るのは
時速150キロ以上とも言われています。

だから、通常走行における本来の効果は
ほとんど見込めないといっていいようです。


レーシングカーでない限り、車のカスタム化
ドレスアップを目的に行っているのが現状です。

それでは、アルファード20系のカスタム化と
カスタムパーツについて見ていきます。

アルファード20系のカスタム化

アルファード20系のカスタム化についても、
空力特性や走行性能の向上といった
カスタムパーツ本来の目的では使われていません。

しかし、ドレスアップという面では
エアロパーツの効果は大きい
ものがありますので、
カスタム化の主流はドレスアップと言えます。

カスタム車

今ではカスタマイズといえば、どちらかというと、
カッコよさや自分のアイデンティティー
求めるために行うものになってきたようです。

アルファードは、そのまま乗って十分スタイリッシュです。

しかし、カスタマイズすることによって
その外観に磨きがかかり、自分だけの
オリジナルなアルファードにすることができます。

アルファードはもともとの外観からカスタム化により
より精悍さが増すため、現行の20系についても、
数多くのカスタムパーツが提供されています。

アルファード20系のカスタムパーツの選び方

アルファード20系のカスタムパーツは
多数供給されていますが実際にカスタム化を行う際は
次のことを検討することが重要です。

  • どこをカスタマイズするのか
  • 予算はどれ位か

というところを決めることががポイントです。

予算

(大きな効果を得たい場合)

費用をかけても大きな効果を得たいということなら、
純正のエアロをすべて交換するといいでしょう。

(費用対効果重視の場合)

小さな費用でコストパーバリューを考えるのなら
フロントグリルの交換だけでも印象はずいぶん違ってきます。

カスタマイズの対象となるパーツは次のようなパーツが対象となります。

  • フロントグリル
  • エアロガーニッシュ
  • ヘッドライト
  • フォグランプ

など。

例えば、テールランプをカスタマイズを考えてみましょう。

テールランプをカスタマイズすると
後続車から常時確認できまるため目立ちます。

テールランプ

目立たければ、これが一番かもしれませんね。


車のオーナーとしては、一番長く目にするのが社内です。

自己満足という意味でも、シートそのものや
シートカバーを交換するだけでも
室内の雰囲気を変えることが出来ます。

シートカバー

足回りのカスタマイズはどうでしょうか?

サスペンションを交換して車高を低くしたり、
ホールのインチアップなど足回りをいじると、
走行性能にも影響(良くなるとは限らない)するだけでなく、
見た目も大きく変わってきますので、注目も増すことでしょう。


このように、アルファード20系のカスタマイズをするのなら、
まずどこをカスタマイズするのかを決めて、
カスタムパーツをさがすといいでしょう。

>>>  「アルファード20系後期カスタムパーツ」一覧メニューはこちらから

 

同時によく読まれている記事

 

>>>  目次ページに戻る

 

「アルファード20系後期」関連記事は下記よりご覧になれます。
         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です