新型アルファードの燃費はどの程度よくなるのか?

新型アルファードの発売にあたって、燃費は改善されるのか

現在のようにガソリン代が高騰している中で燃費性能はすごく気になるところです。

newalphard-3
引用元:http://xn--ols92r56ds35c.tokyo/kuruma/?p=148

 

新型アルファードを30万円以上

重量の問題

 

アルファードのような大型車は重量が2トン程度あります。

だから大型高級ミニバンは普通車と比べると燃費が悪くなるのは仕方ない面もあります。

このような重い車体を2.4Lまたは3.5Lのエンジンで低燃費を実現することは、
かなり困難なことは想像に難しくありません。

難し

現実問題、アルファードのような車体重量の重い車に乗られる方は、
燃費を気にしていたら乗ることはできませんので、燃費を凄く
気にされるような方は乗っていないでしょうね。
 

ただ、燃費は気にするなと言っても、やはり燃費は少しでも良い方が嬉しいですね。

では、現行型のアルファードの燃費はどの程度なのでしょうか?

 

現行モデルの燃費

 

現在ではカタログ値には10・15モードが採用され、
実燃費に近づけているといわれていますが、
実質は大きな乖離がみられます。

アルファードの燃費を公開しているサイトなどもいくつかありますが、
それらのサイトを見ても、 

  • 2.4Lの場合は「9km~10km/L
  • 3.5Lの場合は「8km~9km/L

といった数字になっています。

他のサイトでも見てみると、  

  • 2.4Lの場合は「8km~9km/L
  • 3.5Lの場合は「8km~9km/L

といった結果が出ています。

ただ、ハイブリット車に至ってはカタログ値で

  • 10・15モードが「16.4km~19km/L」であるのに対し、
  • 実燃費は 「16.2km~17km/L

カタログ値に近い数字が出ています。

一般に公開されている実燃費の数字をご紹介してきましたが、
注意する必要があります。

それは、これらの数値には街乗り高速道路走行が混ざっているからです。

渋滞を含めた街乗りがある場合は、

4km/L」を切るといったことも珍しくないようです。

驚く

新型アルファードの燃費目標は?

 

新型アルファードでは燃費の改善は当然行われると思いますが、
ハイブリット車でも、

現行の17キロからの改善目標は20キロ程度

だと言われています。
 

となると、通常車の目標は「10Km-12Km/L」が目標といったところでしょうか?

 

2.4Lから2.5Lへ変更

 

現行車では「2.4Lモデルと3Lモデル」がラインナップされていますが、
新型アルファードでは「2.4L」がなくなり、「2.5L」に変更となるようです。

0.1Lの排気量アップですが、燃費改善に貢献してくれることでしょう。

 

アイドリングストップ機構追加

 

燃費改善対策として、アイドリングストップ機構も追加となる模様です。

アイドリングストップ

ただ、冒頭でもお伝えした通り、アルファードは車体重量が2トンを超える車です。

いくら燃費が改善されると言ってもリッターカーのような
劇的な燃費の改善は期待しない方が良いでしょう。
 

実際この手の大型車を購入される方はやはり人気は気にしなくて
広々と安定感のある車ライフを楽しむ方なのではないでしょうか。

また、詳細情報を入手次第ご紹介させて頂きます。


【モデルチェンジ直後の新型アルファードを最も安く購入する方法】

モデルチェンジ直後の新型アルファードを最も安く購入する」には、
「値引き」をよりも「下取り」に重点をおいて商談を進める必要があります。

その理由」と「具体的な方法」を別記事にまとめていますので
一度目を通してみて下さい。
      ↓↓
>>>  続きはこちらから!
続きはこちらから!

 

同時によく読まれている記事

 

>>>  目次ページに戻る

 

「新型アルファード」関連記事
下記のスポンサードリンク下の「関連記事」欄でご覧になれます。

         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です