新型アルファード 最新納期情報

現行アルファード(30系)もビッグマイナーチェンジが実施されてから1年が経とうとしています。

 

まだまだアルファードの人気は凄まじい状態が続いています。

 

この記事では、新型アルファードの最新納期(2018年12月3日現在)をお伝えします。
 

新型アルファードを30万円以上

今後数ヶ月にわたる納期情報となります。

 

生産計画に対する受注状況(爆売!)

新型アルファード-最新画像7

新型アルファード(30系)は発売当初から人気があり、今年はじめのマイナーチェンジを経て受注数は更に増えています。

 

最新の受注数は好評されていませんが、マイナーチェンジ後の受注数は約20000台/月となっています。

 

ちなみに、アルファードの月間販売目標は3000台です。

販売目標は生産能力を加味して計画されていますので、受注数が約20000台とすると生産能力の約7倍の注文を得たことになります。

 

ということは、

在庫がなければ、注文を受けてもお客さんの手元に届くのは、6ヶ月後ということになります。

 

ただ、マイナーチェンジから約1年が経っていますので状況はかわりつつあります。

そこで、トヨタ社が発表している最新納期情報です。

 

最新納期情報(トヨタ発表)

 

この案内を見る限り、納期は次のようになります。

 

  • 「Exective Lounge」  :約4.5ヶ月
  • 「Exective Lounge以外」:約3ヶ月

 

これから更に受注が増えると考えると 更に納期は伸びると思ってもよいでしょう。

 

【追記】最新納期情報(購入者情報)

先ほどはトヨタ社から発表されている納期情報でした。

しかし、購入する車種や地域によって納期はマチマチです。

ということで、実際に購入された方々の納期情報を集めました。

次の記事で表にしていますので、ご確認下さい

「新型アルファード 最新納期情報2」こちらから

 

 

それでも新型アルファードを最安で手に入れる方法とは?

新型アルファードの人気が高まることは良いのですが、好ましくないこともあります。

それは、「値引き」です。

これだけ、新型アルファードの人気が高く、売り手市場であれば、メーカー側は値引きをしてまで販売する必要はありません。

よって、これから暫くの間は、車両本体価格からの「値引き」は抑えられることになります。

ただでさえ高額なアルファードです。

なんとか安く購入したいと考える方も少なくないでしょう。

そこで、視点を変えて、「値引き」ではない次の方法で新型アルファードを安く手に入れる方法をお届けします。
         ↓↓
LP誘導用画像

カンタンな方法でありながら再現性の高い方法です。

実際に使える方法なのか、使えないのか一度確認してから、交渉に挑んで見てください。


【この記事を読まれた方は次の記事も読まれています】

■ 新型アルファード 最新納期情報2
■ 新型アルファード 価格情報(グレード別、新旧モデル比較)
■ 新型アルファード 内部資料(グレード概要と主要諸元)
■ 新型アルファード 最新技術を動画解説
■ 新型アルファード 値引き最大化の秘策
 


>>>  目次ページに戻る

「新型アルファード」関連記事
下記のスポンサードリンク下の「関連記事」欄でご覧になれます。

         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です