特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き その他

 


アルファードは新車で買うととても高い車ですが、中古なら安く買えると言います。

 

しかし、アルファードの売却価格が高騰という噂がある中で中古が安いと聞くと何だか不思議な気がします。

 

ここでは、まずそんなアルファードの中古が安いのなぜなのかを確認します。

 

そのうえで、価格高騰と言われる中で中古が安いという理由をチェックしていきましょう。

新型アルファードを30万円以上

 

目次

閉じる

アルファードの中古が安いのなぜなのか?

 

まず、アルファードの中古が安いのなぜなのかを確認していきましょう。

 

  1. アルファードの年式の古い車が増え、定年式車も出てきた
  2. アルファードの過走行車が増えてきた

 

アルファードの年式の古い車が増え、定年式車も出てきた

 

アルファードに限らず、自動車というのは初登録から時間が経てば経つほど価格が下がっていきます。

 

アルファードはいまだに高い人気を誇りますから、中古車でも安く手に入れたいという方が多く、中古車市場でも高めで推移してきました。

 

ただ、中古車価格というものは3年で新車の7割、5年で5割というのが目安で、アルファードが人気があるとはいえ、年式が古くなると中古車価格は下がっていきます

 

また、一般的にかなり安くなる低年式車(=7年以上経過)のアルファードも出回りますから、中古車市場で安いアルファードを見つけるのは難しくなくなっているのです。

 

最近の車は耐久性が高いですし、トヨタのミニバン最高峰のアルファードの品質管理は万全ですから、5年や7年経過しても使用には全く問題ありません。

 

というわけで、年式にさえこだわらなかったら、現行30系アルファードだって、今ならかなり安く変えてしまうのです。

 

たとえば、グーネットサイトで販売されているアルファード3.5GF(4WD)は上級グレードで新車時は5百万円越えですが、2015年車とはいえ、走行距離4.5万キロで298万円と3百万円を切っています

 

社外20インチアルミにローダウン、純正フルセグSDナビ&リヤフリップダウンモニター等装備も万全ですからお買い得と言っていいでしょう。

 

 

アルファードの過走行車が増えてきた

 

車の場合1年1万キロが基準で、それよりも走行距離の長い車が過走行車と言われますが、中古車市場では10万キロ超の過走行車になると価格がぐっと下がってきます

 

アルファードの場合はモデルチェンジから年数が経過しているので、この走行距離10万キロ以上の車が増えてきているのです。

 

アルファードに限らずトヨタの車はつくりがしっかりしているので、10万キロなんか全然平気ですし、私は30万キロ乗りましたが大きな故障はありませんでした。

 

過走行というと問題があるようですが、消耗パーツの交換さえちゃんとしておけば低走行車よりはむしろいいという話もあるほどです。

 

ただ、安く買えるのは間違いなく人気のS”Cパッケージでも走行距離さえ気にしなければ420万円だった2016年式が259.8万円で手に入ります

 

この中古車は走行距離こそキロですが、そこに目をつぶれば260万円で、装備には不足のないアルファードのS”Cパッケージに乗れるのです。

 

 

アルファードの売却価格が高騰という中でなぜ中古が安い?

 

アルファードの場合、人気が中古市場や買取価格の高値を呼び、それが売れ行きに拍車をかけるという良い意味でのスパイラルを展開しています。

 

そして、その買取価格を支えているのがマレーシアを代表とする旺盛な海外需要なのです。

 

特にマレーシアではエアロボディ、3眼LEDヘッドランプ、モデリスタエアロ、T-Cnnectナビ、リアエンターテイメントシステム、ムーンルーフが好まれているようです。

 

そして、そうしたアルファードは場合によれば新車価格以上の価格で買い取られる場合もあると言います。

 

ただ、マレーシアの場合は新車登録から1年経たないと輸出できませんし、5年経過しても輸出できないのです。

 

このため、さすがのアルファードも5年落ちとなると高めの値段ではありますが、そこそこお得に購入でき、「アルファードの中古が安い」と言われているのでしょう

 

 

まとめ

 

アルファードは高価な車で、中古にしても高年式で低走行車ならかなり高いですし、エアロモデルの高グレード車も高めのプライシングです。

 

ただ、モデルチェンジから年数が経っていますので、低年式車や過走行車を中心にお買い得な車も増えてきています。

 

また、年式にこだわらなければ過走行車でなくても安く買えるようになってきているのは確かです。

 

ただ、中古車を買うには良し悪しを見分ける目が必要ですし、それに自信が無い時は信用できる場所で買うことです。

 

トヨタ認定中古車もいいでしょうし、評判のいい中古車ショップでもいいのですが、はずれだけは引かないように気を付けましょうね。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!

 

>>  目次ページに戻る