パンくずリスト
  • ホーム
  • 新型アルファード
カテゴリー:新型アルファード

車を下取りに出す際に影響するのが車種であったり、グレードであったり、カラーであったりします。

 

この記事では上記の中でカラーを対象にリセールバリューの高いカラーについてご紹介していきます。

 

カラーに関してのリセールバリューですが、どの車種にも共通するカラーがあります。

 

それば、「黒(ブラック)」と「白(ホワイト)」です。

 

アルファードに関しても10系、20系、30系に限らず、黒と白のボディカラーは人気の定番です。

 

実際の人気カラーはどのようになっているのでしょうか?

 

ここではアルファードの黒と白の人気とリセールバリューの違いをチェックしておきましょう。

この記事の続きを読む

現行アルファード(30系)もフルモデルチェンジが来年に迫ってきました。

姉妹車のヴェルファイアがアルファードに統一されますね。

今では、次期(40系)アルファードへのモデルチェンジに関しても少しづつですが関心を持たれてきています。

トヨタのアルファード・ヴェルファイアはこのクラスでは無敵状態であることもあり、人気は衰えをしりません。

納期に関しても、基本的には1ヶ月ですが、ハイブリッド車は1~2ヶ月、エグゼクティブラウンジは2ヶ月から3ヶ月となっています。

 

2020年12月25日時点の最新納期をお伝えするとともに、メーカー指定納期を短縮する裏技をご紹介します。

 

この記事の続きを読む

アルファードも30系アルファードで三代目となり、30系アルファードは昨年ビッグマイナーチェンジ実施しました。

 

初代アルファードである10系アルファードが誕生した時、ライバルは日産のエルグランドでした。

 

しかし、人々を驚かせたのはエルグランドと比べてアルファードの内装の豪華なことでした。

 

元々エルグランドやアルファードのような高級志向のミニバンというジャンルは存在せず、トヨタで言うと乗用車タイプのハイエースが最高級のバンでした。

 

10系アルファードは ハイエースとは全く異なるコンセプトで誕生し、その豪華さと走りから瞬く間に人気車種となっていきました。

 

月日は流れて、20系アルファードへのモデルチェンジ、30系アルファード上のモデルチェンジを経て現在ではエルグランドには販売台数も大きく差を開け、ライバル不在の状態を作り出しています。

 

現在の30系アルファードはエクステリアも個性的かつ高級感を醸し出していますが、内装に関しても申し分ないほどの高級感があります。

 

ただ、どのような高級感があり、どのような工夫が施されているのかわかりにくいと思います。

 

この記事では、最新アルファードの内装について見どころや特徴などを大きく3つのポイントにまとめてご紹介していきたいと思います。

この記事の続きを読む

次期新型アルファードへの関心が徐々に高まってきています。

 

現行型アルファードは30系ですので、次のフルモデルチェンジの時には40系アルファードが誕生することになるはずです。

 

30系アルファードは2015年に誕生し、2017年12月にマイナーチェンジが実施されました。

 

 

アルファードのこれまでのモデルチェンジ間隔(6年)からの予測は、2018年1月が有力でした。

 

しかし、トヨタ自動車の「2017年度中に安全装備を全車に標準装備する」と言う方針のもと、ほんの少しですがマイナーチェンジが前倒しされ、2017年の年末にマイナーチェンジが実施されたのです。

 

すでにマイナーチェンジからも1年4ヶ月が経過したこともあり、次のフルモデルチェンジが話題に上がるようになっているのです。

 

この記事では、次期アルファードである新型アルファード(40系)について、これまでに明らかになっていることに加え、トヨタ社の動向を踏まえて考えて行きたいと思います。

この記事の続きを読む