パンくずリスト
  • ホーム
  • アルファード ハイブリッド
カテゴリー:アルファード ハイブリッド

アルファードには10系から現在の30系まで一時的にラインアップから外れた時が合ったものの、最終的にはハイブリッド車がラインナップされていました。

 

しかし、通常のガソリン車と異なりハイブリッド車はガソリン車には無い構造を持っています。

 

改めて説明するまでもなく「バッテリー」ですね。

 

止まっている状況からスタートするような低速かつパワーが必要な場面ではバッテリーで車を動かします。

 

だから、バッテリーサイズは大きくなり、さらに発電に関する機構も増えるわけです。

 

その分、電気系統に特有の故障などトラブルの発生確率が高まるとも言えるのです。

 

アルファードハイブリッドを買う場合、電気系統の多いハイブリッドだけに故障するリスクの心配をされているかもしれませんね。

 

この記事では、ハイブリッド車の故障の状況について説明させていただきます。

 

この記事の続きを読む

今現在アルファード(30系)のハイブリッドモデルはラインナップの中で欠かせない存在になっています。

 

現在は3.5リッターモデルよりも2.5リッターモデルの方が販売台数が多く、中でもハイブリッドモデルは売れ筋商品となっています。

 

しかし、アルファードのラインナップからハイブリッドモデルが外れた時期があったのです。

 

時間をおいてアルファードにハイブリッドモデルが復活したわけですが、約3年間ハイブリットモデルがラインナップから消えていた理由について調べてみました。

この記事の続きを読む

アルファードに限らずガソリン車とハイブリッド車では一つ大きな違いがあります。

 

それは「バッテリー」です。

 

ガソリン車はガソリンを燃やして動力を発生して車を動かしますので、常にガソリンを燃焼していることになります。

 

しかし、ハイブリッド車の場合はエンジンとモーターで 動力を発生します。

 

重量が2トンを超えるアルファードを動かす上で一番パワーが必要でガソリン消費のおーい場面が、車を止まっている状態から動かす時です。

 

ハイブリッド車の場合には、この一番力の必要な場面であるスピードが20キロ未満の時に変人ではなくモーターを用いることにより、ガソリン消費を抑えています。

 

その結果、ガソリン車と比べてハイブリッド車は燃費が良いのです。

 

ただ、ハイブリッド車を購入する上で気になるのがバッテリーです。

 

ハイブリッド車の場合、どの車にも搭載されている電気系統に電力を供給するバッテリー以外に、モーター駆動用のバッテリーが搭載されています。

 

このバッテリーなので寿命があるため交換が必要だと考えられますが、どれぐらいの感覚でバッテリー交換をすれば良いのか、また どの程度の交換費用が必要なのかについてお伝えします。

この記事の続きを読む

アルファード 30系ではハイブリッドが人気を集めています。

このハイブリッド、確かにいのですが、必ずしもいいことばかりではありません。

ここでは、そんなアルファード 30系 ハイブリッドを選ぶメリットとデメリットをチェックしておきましょう。

この記事の続きを読む