モデルチェンジ直後の新型アルファードを最も安く購入する方法

新型アルファードが2015年1月にモデルチェンジされます。

現行モデルが発売されてから既に6年半が経過し、
今か今かと待ちわびている方も少なくないことでしょう。

アルファードといえば人気車種ですので、
モデルチェンジ直後販売店側も強気で販売してくることが予測され、
『値引き額』もかなり抑えられることになるはずです。

値引きは「5万円」勝ち取れれば良い方だとも言われています。

では、メーカー希望価格からは、
最大で「5万円」しか安く購入できないのでしょうか?

ご安心下さい。

これからお伝えすることを事前に知り、
今から準備しておくことで、
『値引き額』以上に安く新型アルファードを
購入することができるでしょう。

LP誘導用画像

大きく2つの事をお伝えしますのでご確認下さい。

戦略(何を重点的に攻めるのか?)

新型アルファードを安く購入することを目的に商談を進めますが、
結果的に「支払うお金を少なくできれば」、
目的は達成出来た事になります

ということは、

『値引き』以外で『支払う額を減らす』事ができれば、
値引きの上積みに成功したことと同じになります。

新型アルファードを安く購入する作戦の中で、
攻略すべきポイントはズバリ、

下取り車を高く売却する』

です

戦術(具体的に何をすれば良いのか?)

下取り車を高く売却できれば、
モデルチェンジ後の値引きが抑えられた状況でも
新車を安く購入することは可能になります。

そのためには、

高く下取ってくれる販売店を見つける必要があります。

この作業を行う事で、
下取り車の適正価格も把握出来るようになります。

下取り車の適正価格がわかれば、
新車ディーラーとの商談を有利に進めることが出来ます。

新車ディーラーが行った下取り査定額が低い場合には、
無理して新車ディーラーで下取りする必要もなくなりますからね

当たり前のような話ですが、あえてお伝えするのにも理由があります。

理由というのは、

商談の中では下取りの話が必ず出てきますが、
多くの人は新車ディーラーが提示した査定額を信じ
言われたままの価格で下取りする方が多いからです。

比べるものが無いというのは怖いですね。

実は、これが一番の問題なのです。

新車ディーラーの下取り査定を鵜呑みにしてはダメだということです。

それでは、具体的な方法をお伝えしていきます。

新車ディーラー以外の下取り査定を集める

新車ディーラー以外」というのには理由があります。

それは、多くの「新車ディーラー」は中古車販売店も経営しており、
下取り車を整備して中古車として販売しています。

仮に、「下取り車」を高く買い取った場合には、
中古車販売店でも高い値付けをする必要が出てきますが、
販売価格を高く設定すると売れにくくなるのはご理解頂けると思います。

また、新車ディーラーでは、値引き交渉を終えた後に、
「下取り査定」を行います。

この場合、新車ディーラーは想定していた「値引き額」よりも
多くの値引きを行った場合は、間違いなく「下取り査定」を
高く提示してきます。

理由は、「値引き」で損した分を「下取り」で埋めようとするのです。

これが、「新車ディーラーの下取り査定を鵜呑みにしてはいけない
といった理由です。

新車ディーラーの下取り査定は信用出来ないため、
「新車ディーラー以外の下取り査定」を取り寄せ
新車ディーラーの下取り査定の妥当性を判断するのです。


新車ディーラー以外の査定を取ることは難しくありません。

無料」で、「簡単」に、「手間なし」で行えるサービスがあるからです。

 


このサービスについては、別記事で詳しく説明していますので、
どうぞご確認下さい。

      ↓↓クリック!
詳細はこちらから


 

査定結果を比較して適正価格を把握する

値引き』以外の支出を大きく減らす手段が
『下取り』であることは既にお伝え致しました。

また、新車ディーラー以外から
下取り査定を受ける方法もお伝え致しました。

次に行う事は、集まった

下取り査定結果を比較

する事です。

複数の中古車販売店が行った査定結果を比較すると、
販売店ごとに査定結果はバラバラだと思います。

査定結果を比較することで、あたなのお車の
適正価格がわかってくると思います。

下取り先を決定する

比較した中で一番高い査定をしてくれた販売店
下取り先の有力候補となります。

この一番高い下取り査定金額を把握した上で、
新車ディーラーから査定金額を入手します。

新車ディーラーの下取り査定額が一番高ければ、
新車ディーラーに売却すれば良いですし、

新車ディーラーの下取り査定額が低ければ、
先ほどの一番高い下取り査定を行ってくれた
販売店で売却すれば良い
のです。

必ずしも新車ディーラーで売却する必要はありません。

そのためにも、

適正な下取り査定額を知る必要があるということです。

これからご紹介する方法で新車ディーラー以外の
中古車販売店からの査定を受けることができます。

新車ディーラー以外の査定を「簡単」「手軽」に受ける方法

具体的には、次の2つの方法があります。

  1. 複数の中古車販売店に出向き査定をお願いする
  2. 無料査定サービスを活用する
複数の中古車販売店に出向き査定をお願いする


一番望ましいことではありますが、
時間と手間がかかるのが欠点です。

ネットの無料査定サービスを活用する


無料査定サービス」を活用する」に関しては
2種類のサービスが存在しますので、
ご自身のお好みでご活用頂ければ良いと思います。

どちらも各サービスのホームページで
必要最低限の入力(数十秒)で査定依頼が完了するような
使いやすいサービスなのが特徴です。

具体的には次のようなサービスです。


無料査定サービス

一回の手続きで、中古車販売店1社からの査定を受けるサービスです。


>>> ガリバー


【無料一括査定サービス】

一回の手続きで、複数の中古車販売店からの査定を受けるサービスです。


>>> かんたん車査定ガイド


一度、ご覧になって見てから判断されると良いと思います。

 

商談を進める上で知っておくべき事項

下記の7つの記事で詳細を説明していますので、
各記事へのリンクをクリックして各記事をご確認をお願いします。

車を安く購入する方法は値引きだけか?

大抵の方は車を安く購入しようとすると、
「値引き額を大きくするしかないと考えがちですが、
他にも方法はあります。その方法をご紹介しています。

>>> 「車を安く購入する方法は値引きだけか?」の記事はこちらから
 

車を安く購入するには?(保有車の処遇編)

新車を購入する場合には、
現在所有している車を

  • どこで売却するのか
  • 廃車にするのか

等の決定が必要になります。

また、新車ディーラーとの交渉も待っています。

新車ディーラーとの交渉をを有利に進めるために
役立つ無料サービスをご紹介しています。

>>>  「車を安く購入するには?(保有車の処遇編)」の記事はこちらから

 

車を安く購入するには?(値引き編)

新車ディーラーとの値引き交渉を
上手に進める方法についてお伝えしています。

>>>  「車を安く購入するには?(値引き編)」の記事はこちらから

 

車を安く購入するには?(購入時期を意識する編)

車を購入する場合、
値引きを引き出しやすい時期を知っておくことが重要です。

どの時期に値引き交渉を行えばよいかをお伝えしています。

>>>  「車を安く購入するには?(購入時期を意識する編)」の記事はこちらから

 

車を安く購入するには?(購入時期を意識する編)

新車ディーラーから提出される見積書には、
代行費用という項目があります。

この代行費用はとは何のことで、
どう対処すれば良いかをお伝えしています。

>>>  「車を安く購入するには?(代行費用を抑える編)」の記事はこちらから

 

車を安く購入するには?(サービス品の獲得編)

値引き交渉が大詰めを迎えると、次に行う事があります。

それは何なのかについてお伝えしています。

>>> 「車を安く購入するには?(サービス品の獲得編)」の記事はこちらから

 

車を安く購入するには?(交渉術編)

新車を購入する上で一番時間を費やすのが
新車ディーラーとの値引き交渉です。

値引き交渉はどのように進め、
何に注意するべきかについてお伝えしています。

>>> 「車を安く購入するには?(交渉術編)」の記事はこちらから

新型アルファードを30万円以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です