特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き その他

 


アルファードを買う場合、最近ではいろんな手法があります。

 

代表的なのが残クレですが、月々の負担の面ではリースも気になるところです。

 

ここでは、まず、そんなアルファードのリース購入について簡単に説明します。

 

また、アルファードのリースはトヨペットでは法人のみだとかトヨタレンタリースではないという情報もありますので、その真偽についても確認しておきましょう。

 

新型アルファードを30万円以上

目次

閉じる

アルファードのリース購入について

 

では、アルファードをリース購入するとはどういうことかを確認しておきましょう。

 

  1. アルファードのリース購入とは
  2. アルファードのリース購入のメリット
  3. アルファードのリース購入のデメリット

 

アルファードのリース購入とは

 

アルファードをカーリースする場合、まず車をカーリース会社が購入して、契約者は月々の使用料金をカーリース会社に払ってアルファードを使用するシステムです。

 

契約者は車の購入に必要な額を契約月数で割った額を払いますが、これは契約満了時の残価を引いた額となるため、残クレと同じで車両本体価格全額を払うよりは安くなります。

 

また、名義こそカーリース会社ですが、契約者は使用者となり、車は自分だけが独占使用することができます。

 

さらに使用料金には、自動車税や自賠責保険料、自動車重量税などが含まれていますし、オプションで車検費用やメンテナンス費用も月額料金に含めることもできるのです。

 

契約するカーリース会社やプランにもよりますが、そのしくみにより、一般的に個人向けカーリースはローンより月々の支払ではお得に車に乗ることができます

 

ただ、税金等の負担分は月々の使用料金に上乗せされているのは当然ですから、認識しておく必要があります。

 

アルファードのリース購入のメリット

 

アルファードをカーリースする場合のメリットをいくつかお示ししておきましょう。

 

頭金が不要で月々定額

 

カーリースの場合は、車両本体価格だけでなく、購入時の法定費用や手数料もすべて月々の使用料で払いますので頭金は不要なのです。

 

また、自動車税はもちろん、プラン次第では車検やメンテナンスも使用料金に含めることができるので、定期的なあるいは急な大きな支出も避けることができるのです。

 

月々の支払いが安くてすむ

 

前述のとおり、車の購入費については残クレと同じで残価を差し引いた額しか使用料に反映されません

 

このため、ローンに比べて当面の月々の支払いを抑えることができるのです。

 

アルファードのリース購入のデメリット

 

アルファードをカーリースする場合のデメリットもありますので、いくつかお示ししておきましょう。

 

年間の走行距離が多い人には向かない

 

カーリースの場合は、リース期間終了後にはリース会社は車を売却して残価を回収します。

 

そのときに走行距離が過大になると市場価値が著しく下がるので、契約時に走行する距離の上限を設定します。

 

年間の走行距離が多い人は上限を高く設定すればいいようなものですが、そうするとリース額はかなり高くなってしまうのです。

 

トータルでの支払総額は高くなる

 

カーリースの場合は、当面の月々の支払こそ安くなりますが、トータルでの支払額は現金払いはもちろん通常のカーローンより高くなります

 

これは、残価分を分割で払うとはいっても、車両ー返済分の金利は払わないといけませんし、税金やメンテナンス費用にも金利がかかってきます。

 

また、一般的にはカーリースの金利、一般的な銀行ローンや残クレよりも高い場合が多く、この面でも金利負担が大きくなるのです。

 

車両保険への加入は事実上必須

 

カーリースの場合、事故などで車が全損にれば契約は中途解約となりますし、大きな損傷を受ければ残価に影響してしまいます。

 

このため、車両保険への加入が必須でない場合でも任意保険に入っておかないと、場合によっては契約終了までのリース料や残価の支払いに対応できなくなるのです。

 

 

アルファードのリースはトヨペットの法人のみって本当?

 

次に、アルファードのリースはトヨペットでは法人のみだとかトヨタレンタリースではないという情報もありますので、そのあたりも確認しておきましょう。

 

  1. アルファードのリースはトヨペットでは法人のみ?
  2. アルファードのリースはトヨタレンタリースではない
  3. アルファードのリースはトヨタでは取り扱っていない?

 

アルファードのリースはトヨペットでは法人のみ?

 

アルファードのリースはトヨペットでは法人のみという話があります。

 

アルファードは今でこそトヨタの全チャネルで販売していますが、もともとはトヨペット店専売でした。

 

ただ、そのトヨペット店のwebページを見ると法人対象のビジネスしかしていないようですし、後述の事情を考えると法人のみが対象というのは事実のようです。

 

アルファードのリースはトヨタレンタリースではない

 

アルファードのリースはトヨタレンタリースではないという情報がありますが、これは必ずしも正しくありません。

 

というのも、例えばトヨタレンタリース大阪では個人向けのリースは扱っていますし、「トヨタの全車種から選べる」と明確に言っているのです。

 

ただ、トヨタレンタリースのWebページは法人向けのつくりですし、「個人リースについては各地域のトヨタレンタリース店にお問合せください」と記載されています。

 

ということは、トヨタレンタリースも全国で個人リースを積極的に展開しているわけではないようです

 

 

アルファードのリースはトヨタでは取り扱っていない?

 

トヨペットもトヨタレンタリースもアルファードのリースには積極的ではないようです。

 

となると、この世界では有名な非トヨタの定額カルモくんとかニコノリなんかを選ぶしかないかというとそうでもないのです。

 

というのも、トヨタは2019年に(株)KINTOを設立して「クルマのサブスク」というビジネスを展開しているからです。

 

 

【KINTO】

 

トヨタ車24車種とLEXUS車8車種から選んだ車を頭金なし、税金、任意保険、メンテナンスもワンパッケージ化した月々定額制で、3、5、7年(LEXUS車は3年)乗れるのです。

 

サブスクとはいいますが、要するにメンテ等も含んだカーリースです。

 

そして、トヨタ、LEXUSディーラーが取扱店ですから、個人リースは「KINTO」ということで、トヨペットもトヨタレンタリースも法人営業しかしていないわけです。

 

 

まとめ

 

アルファードをリースで手に入れようと思ったら、トヨペット店やトヨタレンタリースも使えない場合がありそうです。

 

ただ、トヨタが個人向けカーリースに力を入れていないわけではなく、もう少し広い概念であるサブスクは本格的に展開しようとしているみたいですね。

 

それが「KINTO」ですがカーリースにしろサブスクにしろ当面の月々の支払いは抑えられますが、当然デメリットもあります。

 

そうしたメリットとデメリットをよく研究して、賢く使いましょうね。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!

 

>>  目次ページに戻る