アルファード10系後期のヘッドライトのカスタマイズについて

アルファード10系後期のヘッドライトのカスタマイズについて、
その効果や具体的なカスタムパーツについて説明させて頂きます。

新型アルファードを30万円以上

アルファード10系後期のヘッドライトとカスタマイズ

アルファード10系後期のヘッドライトはすべてHIDとなっています。

プロジェクター仕様のものとそうでないものがあります。

また、アルファード10系後期のヘッドライトは、
カバーが黄ばんでくすんでしまうという難点が報告されています。

このような背景から、ヘッドライトをプロジェクター化したいとか、
黄ばんだヘッドライトを交換したいというニーズがあります。

10b-headlight

また、「HIDの明るさや色を変えたい」や「LED化したい」
などのニーズもあるようです。

具体的なカスタムパーツ

プロジェクター化

プロジェクター化については、残念ながら純正部品の交換では対応できません。

純正プロジェクターはAFSというステアリングの切れ角や車速を感知して
照射方向を曲がる方向に向けるシステムに対応しているからです。

このため、プロジェクター化については、
純正以外でプロジェクタータイプのユニットに交換する必要があります。

黄ばみ、くすみの解消

最近では黄ばみを落とす薬品もあるようですが、
思い切ってパーツごと交換する手もあります。

ヘッドライトを交換しなくてもヘッドライトカバーを交換すればいいのですが、
この際、スモークタイプに変更すると雰囲気は大きく変わります。

HIDの明るさ、色

HIDのバルブを交換することで、
ヘッドライトの明るさや色を変えることが可能です。

LED化

LED化キットを使用することでLED化は可能なようで、
消費電力を上げずに光量を上げることも可能なようです。

アルファード10系後期のヘッドライトのカスタム化は可能ですが、
電気系統をいじることになりますので、
信頼できるショップでよく相談して選ぶといいと思います。

アルファード10系後期中古車を希望条件で最安購入するには

アルファードも最新モデル30系の発売開始から1年以上が経過し、納期問題も解消しましたね。

ただ、現行車種の30系は高価なため手が出ない方も多いことでしょう。

もともと人気車種のアルファードですので、旧型車にあたる20系、10系については玉数は豊富にあるといっても、車の状態の良さや装備、カラー等好みの車を見つけ出すのはカンタンではありません。

更に出来るだけ安くとなると・・・ もし、アルファードの中古車を考えているのでしたら、こらからご紹介する別記事に目を通してみてください。

わずか1分程度のカンタンな作業で、全国の数十万台の在庫の中から、希望条件の車を探すことができます。

>>> 詳細はこちらからご覧いただけます

一読して「使えそうだ!」と思えましたら是非実践してみてください。 「使えない!」と思われましたらスルーして下さい。

 

同時によく読まれている記事

 

>>>  目次ページに戻る

 

新型アルファードを30万円以上

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です