アルファードハイブリッドのバッテリー交換の現状

アルファードハイブリッドを購入する場合、値段高いと噂されているバッテリー交換が心配かもしれません。

バッテリー交換

この記事では、バッテリーの交換時期と
バッテリー交換費用について説明させていただきます。

新型アルファードを30万円以上

アルファードハイブリッドのバッテリーの交換時期

(1)バッテリーの種類

アルファードハイブリッドにはプリウスに使われているものと同様の
ニッケル水素電池が使用されています。

ニッケル水素電池

 

(2)バッテリーのメーカー保証期間

このバッテリーのメーカー保証は5年10万キロとされていますが、これはあくまで保証期間であって、
バッテリーの寿命を示すものではありません。

 

(3)その他部品の保証期間

たとえばエンジン、トランスミッション、ステアリング、ブレーキなどの保証も
5年10万キロですが、この期間内に寿命を迎えることはまずありません。
 

(4)バッテリー交換の頻度

初代のプリウスについては、バッテリー交換の事例もかなり見受けられたようですが、最近のハイブリッド車ではあまりバッテリー交換は発生していないようです。
 

一般的には15万キロから20万キロくらいは問題なく使用でき、これはほぼ一般的な自動車の寿命に匹敵しますから、
こうした事情も頷けるところです。

アメリカで販売しているプリウスは、8年16万キロ万kmの保証がついていますので、少なくともこれ以上の寿命はあると考えていいようです。

 

アルファードハイブリッドのバッテリーの交換費用

(1)ハイブリッド創世記

ハイブリッド車のバッテリーの交換費用は高いと言われるのは、初代プリウス時代のバッテリー交換費用が高かったからのようです。

初代プリウスでは交換用バッテリー自体が33万円程度していましたから、工賃を含めると30万円台後半というかなり高額な費用がかかっていました。

しかし、大部分は無償交換対応されているので、実際にこの経費を支払って交換された方は少なかったようです。

(2)現在

プリウスも2代目以降になるとバッテリー交換費用は大きくコストダウンされ、工賃を含めても15万円程度で交換できるようになっています。

アルファードハイブリッドについては交換事例そのものが少ないのですが、プリウスと同じニッケル水素電池で、電池容量も同じ6.5Ahですから、交換費用に大きな違いはないと考えられます。

アルファードのハイブリッド車のバッテリー交換は、通常は必要ない場合が多いようですし、交換費用もそれほど高額ではないようなので、バッテリー交換のことはあまり心配しなくてよさそうですね。

 

新型アルファードハイブリッドを最安で購入する方法

新型アルファードが誕生してから時間が経ちましたが、未だに納期は数ヶ月待ちの状態が続いているようです。

中でもハイブリッド、特に最高級グレードは高額ながらも人気が高く、納期も長いようですね。

新型アルファードハイブリッドの価格帯は同じアルファードでも高い価格となっています。

こんな新型アルファードハイブリッドを出来るだけ安く購入されたい方も多くいらっしゃると思います。

新型アルファードハイブリッドを最安で購入する方法を別記事にまとめていますので、興味がございましたら一度確認してみてください。

      ↓↓クリック!
詳細確認はこちらから!

 

>>>  目次ページに戻る

 


【PR : カスタムパーツ】

Amazonのツールを使用して、アルファード用カスタムパーツをご覧頂くページを作成しました。

「アルファード全体」「10系」「20系」等カテゴリー選択だけ簡単にご覧頂けます。

↓のページで説明していますので、どうぞご覧下さい。

>>>  アルファード用カスタムパーツ一覧はこちらから


 

「アルファード ハイブリッド」関連記事は下記よりご覧になれます。
         ↓↓

新型アルファードを30万円以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です