特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き その他

 


自動車は高い買い物ですが、買ったあとも結構な維持費がかかってきます。

 

そして、その中でも大きなウエイトを占めるのが自動車税などの税金なのです。

 

そして、アルファードの場合は排気量も大きく3ナンバーで重量もあるのでこうした税金が心配になりますよね。

 

おまけに、自動車に関する税金は頻繁に変更されるときています。

 

ここでは、アルファードの税金(自動車税等)がいくらかかるのか、2022年と2021年いくら変わるのかをチェックしておきましょう。

新型アルファードを30万円以上

 

目次

閉じる

アルファードの自動車税

 

アルファードの自動車税については2022年と2021年で変更はありません。

 

  1. 自動車税の仕組み
  2. アルファードの2022年と2021年の自動車税

 

自動車税の仕組み

 

自動車税は、毎年登録地の都道府県に支払うもので、総排気量が増えるほど税額が高くなるように設定されています。

 

1Lから4.5Lは0.5L単位で設定されており、2.0超〜2.5L以下は45,000円3.0超〜3.5L以下は57,000円です。

 

なお、これは2019年10月1日以降に新車登録された場合で、それ以前に登録されたものは1,000円ほど高くなります。

 

この税額がベースなのですが、これにグリーン化税制により税額が軽くなったり重くなったりします。

 

排出ガス性能および燃費性能の優れた自動車について、新規登録年度の翌年度の税額を軽減する制度ですが、今はハイブリッド車を含むガソリン車は対象外です。

 

また、ハイブリッドを除き、登録から13年を経過したガソリン車が税額が15%加算されることになっています。

 

アルファードの2022年と2021年の自動車税

 

アルファードの2022年と2021年、正確に言うと2022年度、2021年度の自動車税はこのようになります。

 

項目 2.5l 3.5L ハイブリッド
2022年度 45,000円

(13年経過は+15%)

57,000円

(13年経過は+15%)

45,000円
2021年度 45,000円

(13年経過は+15%)

57,000円

(13年経過は+15%)

45,000円

 

 

アルファードの環境性能割

 

アルファードの環境性能割については2022年と2021年でかなり違っています。

 

  1. 環境性能割の仕組み
  2. アルファードの2022年と2021年の環境性能割

 

環境性能割の仕組み

 

環境性能割というのは従来の自動車取得税にかわって導入されたもので、新車購入時、中古車購入時に1回だけ支払ものです。

 

税率は環境負荷軽減(燃費基準値達成度等)に応じて、非課税、1%、2%、3%の4段階となります。

 

アルファ―ドの場合はハイブリッド車は大部分は非課税ですが、ハイブリッドXだけは1%になっています。

 

ガソリン車は3%なのですが、ハイブリッド1%も含め、令和3年4月1日~12月31日までの間に取得した場合は税率が1%分軽減されていました。

 

なお、取得価額は、「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」(財団法人地方財務協会)に記載されている金額ですが、概ね新車価格の90%というところです。

 

アルファードの2022年と2021年の環境性能割

 

アルファードの2022年度、2021年度の環境性能割はこのようになります。

 

項目 2.5l 3.5L ハイブリッド
2022年度 3% 3% 非課税

(Xは1%)

2021年度 3%

(2021年中は2%)

3%

(2021年中は2%)

非課税(Xは1%、

2021年中は0%)

 

 

アルファードの自動車重量税

 

アルファードの自動車重量税については2022年と2021年で変更はありません。

 

  1. 自動車重量税の仕組み
  2. アルファードの2022年と2021年の環境性能割

 

自動車重量税の仕組み

 

自動車重量税というのは自動車の重量に応じて課税されるもので、新車登録時に3年分、車検時に2年分を支払うことになります。

 

車両重量が重くなるほど高くなる仕組みで、0.5トン単位の税額設定になっており、基本的な税額は、0.5トンあたり2,500円です。

 

ただ、登録後13年経過車については0.5トンあたり4,100円と増額されますが、グリーン税制と同様ハイブリッド車は対象外です。

 

ハイブリッド車はエコカー減税による軽減措置の対象となり、Executive LoungeとExecutive Lounge Sは100%、それ以外は50%の軽減になります。

 

ただ、この軽減措置は新車登録時だけで、車検時には軽減措置はありません。

 

アルファードの2022年と2021年の自動車重量税

 

アルファード2022年度、2021年度の自動車重量税はこのようになります。

 

《初回登録時》

項目 2トン以下 2トン超 ハイブリッド
2022年度 30,000円 37,500円 18,750円

(Executive Lounge系は0円)

2021年度 30,000円 37,500円 18,750円

(Executive Lounge系は0円)

 

《車検時》

項目 2トン以下 2トン超 ハイブリッド
2022年度 20,000円

(13年経過は24,600円)

25,000円

813年経過は32,800円)

25,000円
2021年度 20,000円

(13年経過は24,600円)

25,000円

(13年経過は32,800円)

25,000円

 

 

まとめ

 

アルファードの税金(自動車税等)は2022年と2021年で大きな違いはありません。

 

自動車税のグリーン税制による軽減措置はハイブリッド車は対象から外れてしまいましたし、エコカー減税は2021年5月1日から2023年4月30日までの登録は同一です。

 

正確に言うと、2021年4月末までの登録についてはハイブリッド車はすべて登録時の重量税は100%減免でした。

 

大きな違いがあるのは環境性能割で、新型コロナウィルス感染症に伴う緊急経済対策として措置された1%減免の廃止の影響はけっこう大きかったようです。

 

制度が大きく変わるエコカー減税は2023年5月以降見直されるものと思われますので、その動向には注意が必要ですね。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!

 

>>  目次ページに戻る