特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き その他

 


アルファードタイプゴール2も結構な人気でしたが、アルファードのモデル末期になって登場したタイプゴールド3もなかなかの人気です。

 

ここでは、まず、そもそもタイプゴールド3がベース車のSとどう違うかを整理しておきます。

 

そしてわかるようでわからないアルファードタイプゴールド3と2の違いをまとめておきましょう。

 

新型アルファードを30万円以上

目次

閉じる

アルファードタイプゴールド3がベース車のSとどう違う

 

まず、アルファードタイプゴールド2や3がベース車のSとどう違うかを紹介していきます。

 

ちなみにガソリン車のベース車は「S」ですが、ハイブリッド車はもともとのベース車であった「HYBRID S」が廃止されたのでベース車がなくなりました。

 

  1. アルファードタイプゴールド3のエクステリアの特別装備
  2. アルファードタイプゴールド3のインテリア・機能の特別装備
  3. アルファードタイプゴールド3とベース車の価格差

 

アルファードタイプゴールド3のエクステリアの特別装備

 

アルファードタイプゴールド3のエクステリアの特別装備は満載です。

 

  • フロントエンブレム(ゴールド)
  • フロントグリル(スモークメッキ+黒メタリック塗装)
  • ボンネットフードモール(スモークメッキ)
  • フロントバンパーモール(スモークメッキ)
  • LEDフロントフォグランプモール(スモークメッキ)
  • 3眼LEDヘッドランプ(スモークメッキ+ブラックエクステンション)+LEDクリアランスランプ(イルミネーション[デイライト]機能付)
  • LEDコーナリングランプ
  • LEDシーケンシャルターンランプ(フロント・リヤ)
  • 高輝度塗装18インチアルミホイール(ガソリン車/ハイブリッド車は標準装備)
  • サイドマッドガード(メッキモール付)
  • バックドアガーニッシ(スモークメッキ)

 

この中で特筆すべきはフロント周りです。

 

引用元:https://toyota.jp/alphard/grade/special/?padid=from_alphard_top_sp-banner_1

 

タイプゴールでではお決まりですが、スモークメッキ+黒メタリック塗装のフロントグリルにゴールドフロントエンブレムがオリジナリティを主張しています。

 

また、ベース車のSではオプション不可の3眼LEDヘッドランプとLEDクリアランスランプ、LEDシーケンシャルターンランプ(フロント・リヤ)はポイントが高いです。

 

引用元:https://toyota.jp/alphard/grade/special/?padid=from_alphard_top_sp-banner_1

 

アルファードタイプゴールド2のインテリア・機能の特別装備

 

アルファードタイプゴールド2のインテリア・機能の特別装備も満載です。

 

  • 専用シート表皮(ブランノーブ®Ⅱ [パーフォレーション]+合成皮革)
  • インストルメントパネル(サンバーストゴールドウッド+ゴールドスパッタリング)
  • シフトノブ(サンバーストゴールドウッド)
  • ブラックインテリア(ルーフ・ピラー)
  • オプティトロンメーター(メーターリングゴールド加飾)
  • スマートキー(ゴールドメッキ加飾)
  • メッキインサイドドアハンドル(フロント・リヤ)
  • アクセサリーコンセント
    ※ガソリン車は(AC100V・100W)1個、ハイブリッド車は(AC100V・1500W)3個
  • フロントドアトリム(合成皮革+サンバーストゴールドウッド+ゴールドスパッタリング)
  • スマートエントリー(ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能付)
    +プッシュスタートシステム
  • コンソールボックス(ハイグレード(金属調加飾+メタルウッド)) (ガソリン車/ハイブリッド車はメタルウッドの大型コンソールが標準装備))
  • パワーバックドア(挟み込み防止機能付)
  • アダプティブハイビームシステム

  • ブラインドスポットモニター[BSM]
  • パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)
  • スーパーUVカット+IRカット機能+撥水機能付フロントドアグリーンガラスリスト

 

ブラックインテリアで黒基調の内装にサンバーストゴールドウッド+ゴールドスパッタリングの加飾は豪華です。

 

引用元:https://toyota.jp/alphard/grade/special/?padid=from_alphard_top_sp-banner_1

 

シートにはTBカワシマ(株)のブランノーブ2と合成皮革のなかなか豪華な素材を使っています。

引用元:https://toyota.jp/alphard/grade/special/?padid=from_alphard_top_sp-banner_1

 

内装はブラック基調とはいえ、結構派手な仕立てですし、装備面でもベース車のSを大幅に上回る特別装備を奢っていて、なかなかお買い得のようです。

 

アルファードタイプゴールド3とベース車の価格差

 

アルファードタイプゴールド3とベース車の価格差は以下のとおりです。

 

項目 FF 4WD ハイブリッド
S 3,985,000円 4,240,000円
タイプゴールド3 4,306,000円 4,561,000円 5,154,400円
価格差 321,000円 321,000円

 

ハイブリッドはベース車がありませんが、ガソリン車の場合をみれば321,000円の価格差ですから、お買い得なのは間違いないでしょう。

 

 

アルファードタイプゴールド3と2の違い

 

では、そんなアルファードタイプゴールド3はタイプゴールド2とどこが変わったのでしょうか。

 

  1. アルファードタイプゴールド3と2の装備の違い
  2. アルファードタイプゴールド3と2の価格差

 

アルファードタイプゴールド3と2の装備の違い

 

アルファードタイプゴールド3と2の装備の違いはそれほど大きくありません。

 

以下の4点ですが、これが「4点だけ」とは言えない結構大きな違いなのです。

 

オプティトロンメーターのメーターリングにゴールド加飾

 

オプティトロンメーターのメーターのリングにゴールド加飾が入りました。

 

引用元:https://www.gtoyota.com/blog/shop35/13739/

 

そうコストはかかっていないと思われますがタイプゴールドならではの意匠です。

 

シート表皮がウルトラスエードからブランノーブ2に変更

 

ブランノーブ2は高級ヌバック調表皮でウルトラスエードよりも肌触りがいいそうです。

 

これは質感アップにつながりそうですね。

 

BSM(ブラインドスポットモニター)の装備

 

車線変更時の後方確認をアシストするもので、ドアミラーでは確認しにくい後側方に存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターしてくれます。

 

引用元:https://toyota.jp/alphard/grade/special/?padid=from_alphard_top_sp-banner_1

 

パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)の装備

 

駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知してドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意を喚起してくれます。

 

引用元:https://toyota.jp/alphard/grade/special/?padid=from_alphard_top_sp-banner_1

 

このパーキングサポートブレーキ(後方接近車両)とBSM(ブラインドスポットモニター)は装着が大変だったのです。

 

人気のS”CパッケージでもSCでもパノラミックビューモニターやT-CONNECT SDナビなどとセットでしかオプション装着できなかったからです。

 

これがそれぞれ単体で装着されたのは画期的なことかもしれません。

 

アルファードタイプゴールド3と2の価格差の価格差

 

アルファードタイプゴールド3と2の価格差の価格差は以下のとおりです。

 

項目 FF 4WD ハイブリッド
タイプゴールド2 4,240,000円 4,495,000円 5,088,400円
タイプゴールド3 4,306,000円 4,561,000円 5,154,400円
価格差 66,000円 66,000円 66,000円

 

オプティトロンメーターのメーターリングにゴールド加飾やシート表皮の変更にはそれほどのコストはかからないはずです。

 

となると価格アップの主な要因はBSM(ブラインドスポットモニター)とパーキングサポートブレーキ(後方接近車両)の装備であることは間違いないでしょう。

 

これが通常はT-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステムとセットなら装着に70万円以上かかります。

 

本当はパノラミックビューモニターも欲しいところですが、予防安全の効果的な機能が66,000円で手に入るなら安いものなのだと思います。

 

まとめ

 

アルファ―ドタイプゴールド1から2には、「アルファードタイプゴールド1と2の違い!評価・口コミも違う?」で示しているようにパネルの加飾が変わりました。

 

今回はサンバーストゴールドウッド+ゴールドスパッタリングの加飾は同じですので、見た目は大きく変わらないはずです。

 

ただ、本文でも記載したように安全装備が例外的に単体で特別装備されているのでお得感は意外と高いものがあります。

 

もともと3眼LEDなど人気の装備は押さえてリセールバリューは高いので、アルファ―ドタイプゴールド3、安心して購入できそうですね。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!

 

>>  目次ページに戻る