特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き その他

 


アルファードを買って乗ろうと思っている方が一番気になるのは駐車場問題かもしれません。

 

アルファ―ドは車の長さも横幅も大きく、狭い駐車場に停めるのが難しいであろうことは容易に想像できるからです。

 

ここでは、まずアルファードの駐車場で困るのはどういうところなのかを確認します。

 

そして、アルファードを駐車場の狭いスペースでコツはあるかもチェックしておきましょう。

 

新型アルファードを30万円以上

目次

閉じる

アルファードの駐車場で困るのはどういうところ?

 

まず、アルファードのように大きな車はなぜ運転が難しいかを確認していきましょう。

 

  1. アルファードの駐車場で困るのは平面駐車場では横幅と通路の幅
  2. アルファードが機械式駐車場で困るのは高さと横幅
  3. アルファードが立体駐車場で困るのは重量

 

アルファードの駐車場で困るのは平面駐車場では横幅と通路の幅

 

国土交通省が示す駐車スペースの必要寸法は小型乗用車で幅2.3m、奥行き5.0m、普通乗用車で幅2.5m奥行き5.5mです。

 

アルファ―ドの全幅は1850mmで、横幅2.3mの駐車場に停めると余裕幅は左右で22.5cm、ドアを軽く開くと60cmといいますので、この大きさは避けたいところです。

 

横幅2.5mの駐車場に停めると余裕幅は左右で32.5cmですからどうにか大丈夫ですが、駐車するには駐車場の通路の広さも有用です、

 

それと、駐車場内の通路の広さも重要です。

 

アルファ―ドの場合、全幅も全長も大きいので、標準とされる5.5mの通路幅は必須でしょう。

 

アルファードが機械式駐車場で困るのは高さと横幅

 

アルファ―ドの場合、機械式駐車場で市場ネックになるのは高さ制限です。

 

よくある155cmの高さ制限も無理ですし、190cmでもダメで、200cm以上の高さ制限が必要なのです。

 

また、車幅にも制限があって、ざっくり分けて「1700~1750mm以下」「1850~1900mm以下」「2050mm以下」という3つのカテゴリーがあるのです。

 

アルファ―ドの場合、車幅だって、どこでもOKではないのです。

 

 

アルファードが立体駐車場で困るのは重量

 

アルファ―ドが困るのは自走式立体駐車場です。

 

というのも、防耐火上の観点から、認定の条件として車輌総重量2トン又は2.5トンまでとなっているからです。

 

そして、アルファードの場合すべてのグレードで車両総重量が2トン超、ほとんどのグレードで2.5トンを超えているのです。

 

 

アルファードを駐車場の狭いスペースでコツ

 

では、そんなアルファードを駐車場の狭いスペースでコツをチェックしていきましょう。

 

  1. アルファードは十分な駐車スペースにしか停めない
  2. アルファードは通路の広い駐車スペースに停める
  3. アルファードは両隣に停めている車を見て停める
  4. アルファ―ドの装備を総動員する

 

アルファードは十分な駐車スペースにしか停めない

 

アルファードを駐車場の狭いスペースでコツではないかもしれませんが、狭くて駐車できない駐車スペースには停めなければいいのです。

 

広い駐車スペースに停める限りはアルファードの駐車場問題は顕在化しないのです。

 

アルファードは通路の広い駐車スペースに停める

 

アルファードのような大きな車の場合には駐車の難易度は駐車場の横幅よりも接面する通路幅に大きく影響されます。

 

要するに通路さえ広ければ駐車は簡単なのです。

 

また、なぜ通路幅が必要かと言えば、クルマの左端にしろ右端にしろ、駐車時に前方に振るスペースさえ確保できればいいのですから、そういう場所でもいいのです。

 

アルファ―ドの場合は最悪スライドドアからでも乗降できますから、駐車場の横幅が狭くても通路幅があれば大丈夫なのです。

 

アルファードは両隣に停めている車を見て停める

 

アルファードを駐車場に停める場合、左右の車の横幅が狭くて、自分が停めようと思っている枠にできるだけ余裕があると駐車しやすいです。

 

また、前方もできるだけ空けて停めてくれていたら言うことはありません。

 

要するに駐車枠はともかく、左右の駐車状況を見て一番停めやすいコンディションの駐車枠を選ぶのです。

 

アルファ―ドの装備を総動員する

 

アルファ―ドの駐車時には装備を総動員しましょう。

 

インテリジェントパーキングアシスト2やパノラミックビューモニターが最も有効ですが搭載グレードが限られます。

 

しかし、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)は有効ですし、たいていの方はバックモニターを装備されているはずです。

 

アルファ―ドは駐車しにくいかわりにいろんな装備は充実していますので、使わない手はないのです。

 

ただ、装備任せにするのではなく、最後は自分の目で確認するのが基本ですから忘れないようにしてくださいね。

 

ちなみに、今さらのようですが、駐車が苦手な方には駐車のコツの記事がありましたので、紹介しておきます。

 

https://gazoo.com/ilovecars/driving/17/08/18/

 

 

まとめ

 

アルファードを買うとなると、駐車場に多少停めにくくなるのは覚悟してください。

 

機械式駐車場では規格にあうかどうかで、そもそも停められない場合もあります。

 

平面駐車場では物理的に停められない場合は少ないのですが、ちゃんと選ばないとえらくく苦労しますし、最悪の場合、他の車に損害を与えることもあるのです。

 

そうしたことを防ぐ意味でも駐車場。あるいは駐車枠選びは重要ですし、アルファードの様々な装備を総動員しましょうね。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!

 

>>  目次ページに戻る