特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き その他

 


アルファードをアウトドアで使うなら車中泊できると便利です。

 

車中泊できれば簡単な装備でキャンプに行けますし、テントを張っていても、急な豪雨や雨などの避難先として車内で泊まれるだけの空間があると重宝するものです。

 

ここでは、アルファード (7人乗り8人乗り)の シート アレンジがどうなっているのかをまず確認します。

 

そのうえで、アルファード (7人乗り8人乗り)がフルフラットは可能かどうかをチェックしておきます。

 

新型アルファードを30万円以上

 

目次

閉じる

アルファード (7人乗り8人乗り)のシートアレンジ!

 

ここではアルファード7人乗りと8人乗りのシートアレンジを確認しておきます。

 

  1. アルファード7人乗りのシートアレンジ
  2. アルファード8人乗りのシートアレンジ

 

アルファード7人乗りのシートアレンジ

 

アルファード7人乗りのシートアレンジは以下の7種類です。

 

  • 助手席拡大モード
  • エクストラロングラゲージモード
  • ダブルトライアングルモード
  • 大人3人リラックスモード
  • リヤシートフルフラットモード
  • フロント・セカンドフルフラットモード
  • スーパーリラックスモード

 

アルファード7人乗りはセカンドシートが独立していますし、助手席とセカンドシートが同一レール上を動くので、大胆なロングスライドが可能になりました。

 

このため、この「助手席拡大モード」のような極端に助手席がゆったりしたアレンジも可能になりました。

 

引用元:https://xn--30-dg4ad0rqc1hsf.com/naisou/alphard30kouki-naisou.html

 

また、この「ダブルトライアングルモード」のように、セカンドシートに座っている例えばお子さんの顔を見ながら助手席に座ることも可能になったのです。

 

引用元:https://xn--30-dg4ad0rqc1hsf.com/naisou/alphard30kouki-naisou.html

 

アルファード8人乗りのシートアレンジ

 

アルファード8人乗りのシートアレンジは以下の4種類です。

 

  • リアシートフルフラットモード
  • フロント・セカンドフルフラットモード
  • 5人乗車+荷室モード
  • 最大積載モード

 

基本的には後で紹介するフルフラット系と荷物を積むためのシートアレンジだけです。

 

アルファード (7人乗り8人乗り)フルフラットは可能?

 

ここではアルファード7人乗りと8人乗りでフルフラット可能かどうかをチェックしておきます。

 

  1. アルファード 7人乗りはフルフラットは可能?
  2. アルファード8人乗りはフルフラットは可能?
  3. 完全なフルフラットにするには?

 

アルファード 7人乗りはフルフラットは可能?

 

アルファード7人乗りには2つのフルフラットモードがあります。

 

まず、「リヤシートフルフラットモード」です。

 

引用元:https://xn--30-dg4ad0rqc1hsf.com/naisou/alphard30kouki-naisou.html

 

後方だけフルフラットなのですが、アームレストの出っ張りがあるので、3人で寝るのは厳しいかもしれませんね。

 

また、背もたれとの段差も気になります

 

もう一つが「フロント・セカンドフルフラットモード」です。

 

引用元:https://xn--30-dg4ad0rqc1hsf.com/naisou/alphard30kouki-naisou.html

 

小さなお子さんなら、後方に横向きに寝られそうですが、セカンドシート背もたれの間の空間が気になりますね。

 

アルファード 8人乗りはフルフラットは可能?

 

アルファード8人乗りにも2つのフルフラットモードがあります。

 

まず、「リヤシートフルフラットモード」です。

 

引用元:https://xn--30-dg4ad0rqc1hsf.com/naisou/alphard30kouki-naisou.html

 

2列目のアームレストが畳めるので、一応3人、小さいお子さんとなら4人横になれるかもしれません。

 

ただ、背もたれとの段差が気になりますし、3列目真ん中のプラスチックは痛そうですね。

 

同じように、「フロント・セカンドフルフラットモード」もあります。

 

引用元:https://xn--30-dg4ad0rqc1hsf.com/naisou/alphard30kouki-naisou.html

 

これなら、もう少したくさんの人が寝られそうですが、段差を何とかしたいところですね。

 

完全なフルフラットにするには?

 

アルファード (7人乗り8人乗り)はフルフラットモードでも凸凹があって快適な車中泊は難しそうです。

 

特に7人乗りはハードルが高そうです。

 

でも、これを解決するのは案外簡単なのです。

 

この製品は税・送料込みで15,980円なのですが、セカンドシートとサードシートの背もたれ部分の段差を解消してくれるのです。

 

《7人乗り》 

 

《8人乗り》 

 

また、この製品は1列目シートの段差も解消してくれて、税・送料込みで21,980円です。

 

《7人乗り》 

 

《8人乗り》 

 

あとは、手持ちの毛布などを活用すれば、より快適な車中泊空間が出来上がると思いますよ。

 

 

まとめ

 

アアルファードの7人乗りと8人乗りのどちらがフルフラットに向いているかというと、間違いなく8人乗りです。

 

いずれもフルフラットモードはあるのですが、セカンドシートの構造が簡素なぶん、8人乗りはフルフラットに適しているのいるのです。

 

ただ、いずれもフルフラットモードにしても段差は残ります。

 

ちょっとした投資か工夫でかなり改善できるので、より快適なフルフラットを目指しましょう。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!

 

>>  目次ページに戻る