特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き その他

 


現行(30系)アルファードでは、エグゼクティブラウンジ系の豪華なナビでもディスプレイオーディオでもT-Connectは必ずついてきます。

 

今のトヨタ車のサービスを享受しようと思えばT-Connectは必須なのです。

 

ただ、車載専用通信機(DCM)が2022年3月31日で使用終了になるので、基本的にスマホ等との接続が必須となります。

 

ここではそもそもT-Connectとはどういうものかを説明したうえで、接続はルーターかデザリングでも可能なのかどうかをチェックしておきます。

 

新型アルファードを30万円以上

 

目次

閉じる

アルファードのナビについているT-Connectとは?

 

現行アルファードには基本的にはT-Connectは付いていることはお伝えしました。

 

エグゼクティブラウンジ系のT-Connect SDナビには当然フルスペックのT-Connectが搭載されています。

 

またディスプレイオーディオを装着した大多数のアルファードでもT-Connectエントリーは使用できますし、T-Connectナビキットを買えばフルスペックで使用可能です。

 

T-Connectの機能については、ざっといって、以下のようなものです。

 

  • 交通情報サービス
  • 事故・天気予報・イベント情報等の提供
  • エージェント(AI:人工)による対話型オペレーション
  • 行動パターンなどを学習目的地やさまざまな関連情報を提示
  • オペレーターサービス
  • マップオンデマンド(地図更新)
  • リモートメンテナンスサービス
  • マイカーSecurity
  • HELP-Net対応(緊急時の通報サービス)
  • マイカーサーチ/マイカーサーチPlus(離れた場所にある車の情報確認)
  • eケア(警告灯表示からオペレーターフォロー)
  • リモートスタート(スマホでエアコン操作:有料)

 

T-Connectエントリーで使用できるのはHELP-Net以下の4項目のみです。

 

ちなみに、使用料は5年間無料ですが、6年目以降は年額3,630円もしくは月額330円です。

 

登録しなければ料金はかかりませんが、TVキットには必須ですし、登録しなければAppleの「Apple CarPlay」やGoogleの「Android Auto」が使えません

 

ここは最低でもT-Connectエントリー、できればT-Connectナビキット(税込み11万円)を買ってConnectのスタンダード機能を入手しましょう。

 

T-Connectカーナビ接続はルーターかデザリングでWIFIで可能?

ここではアルファードのT-Connectカーナビ接続はルーターかデザリングでWIFIで可能かをチェックします。

 

  1. アルファードのT-Connectカーナビの接続方法は?
  2. アルファードのT-Connectカーナビのルーターかデザリングでの接続方法は?

 

アルファードのT-Connectカーナビの接続方法は?

 

今でもアルファードのT-Connectカーナビの接続方法の基本はDCMという通信モジュールです。

 

従来のDCMは3Gを使っていたので2022年3月末で使用できなくなるのですが、最近のT-Connectに使っているDCMはLTEなので、3Gが廃止されても大丈夫なのです。

 

しかし、説明書にはWifiデザリング対応機器(スマートフォン、Wifiルーター等)を使用しての通信も可能と記載されています。

 

たかだかT-Connectの通信量を考えれば、ここはルーターなりスマホのデザリングで対応するのが現実的でしょう。

 

 

アルファードのT-Connectカーナビのルーターかデザリングでの接続方法は?

 

アルファードのT-Connectカーナビをルーターで接続する方法は以下のとおりですが、詳細はその下に示しているトヨタのT-ConnecのWebページをご覧ください。

 

  • ルーターのスイッチを入れる
  • ナビの通信設定でWifiを選択し、スマートフォンを選ぶ
  • パスワードを入力して説億完了

 

https://tconnect.jp/faq/communication/wifi/1046.html

 

また、アルファードのT-Connectカーナビをデザリングで接続する方法は以下のとおりですが、詳細はその下に示しているトヨタのT-ConnecのWebページをご覧ください。

 

  • ナビとスマホをBluetooth接続
  • Wi-Fiテザリングの通信設定(Wi-FiテザリングをON)
  • Wi-Fi接続時の端末名称(ネットワークSSID)とパスワードを確認
  • ナビの通信設定でWifiを選択し、スマートフォンを選ぶ
  • パスワードを入力して説億完了

 

https://tconnect.jp/faq/communication/mobile/android/1027.html

 

 

まとめ

 

アルファードのT-Connectカーナビのルーターかデザリングでの接続はとても簡単です。

 

T-Connectナビを買うかどうかは別にしても、「Android Auto」を使わなければ便利なGoogleMapがディスプレイオーディオでは使用できません

 

となると、少なくともT-Connectには加入すべきですし、そのためには何らかの形でのWeb接続は必須ですが、ルーターかデザリングでは追加費用はかかってもわずかです。

 

また、現在3Gの従来型のDCMを使用されてる方は、もともと大した通信速度は出ていなかった筈なのでこの機会にルーターかデザリングに移行することを強くお勧めします。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!

 

>>  目次ページに戻る