アルファード10系後期のDIYでのカスタム、改造について

アルファード10系後期はDIYでのカスタム、改造をされている方も多いようです。

この記事では、アルファード10系のDIYでのカスタム、改造について説明させて頂きます。

DIY

新型アルファードを30万円以上

DIYでのカスタム、改造の注意点

アルファード10系後期はカスタム、改造をDIYでやっている方もずいぶん多いようです。

しかし、カスタム、改造をDIYで行うには、一定のスキルとノウハウが必要になります。

アルファード10系後期については、このような事情もあり、
ネット上で先達の豊富なノウハウが公開されているのです。

こうしたノウハウを有効利用して、敷居の低いところから
DIYを始めてみるのもいいかもしれませんね。

次のようなDVDもたくさん発売されていますので、
参考にしてみられては如何でしょうか?

>>> 【楽天市場】アルファード用DIY DVD一覧はこちらから

DIYによるカスタム、改造例

アルファード10系後期については、ほとんどのパーツで
DIYによるカスタム、改造の事例があります。

その中で、初心者でも挑戦しやすいパーツをいくつかあげてみます。

(1)リップスポイラーの取り付け

リップスポイラー1

フロントバンパーの下に取り付けるものをリップスポイラーと言いますが、
2人がかりで慎重にやれば、電動ドリルと各種ドライバー程度の工具で施工可能です。

(2)マフラーカッター

マフラーカッター

マフラーエンドを美しくするのがマフラーカッターですが、
スパナ1本で取り付け可能です。

(3)ルームランプのLED化

ルームランプLED

既存のバルブと交換するだけで、明るく、省電力になります。

(4)アイラインフィルム

アイラインフィルム

ヘッドライトのアウトラインに貼るカラーフィルムですが、
簡単なわりには印象が大きく変わります

アルファード10系後期のDIYはWebをさがせば、
プロ顔負けのDIYの事例がいくらでも見つかりますが、
簡単なところからスキルアップしながら挑戦するといいと思います。

>>>  アルファード10系後期カスタムパーツ一覧はこちらから

 

アルファードはカスタム化するためのパーツが豊富に販売されており、
比較的カスタム化にチャレンジしやすい車です。

DIYで対応出来るパーツも販売されていますが、
中にはモデリスタエアロをまとったアルファードや
コンプリートカーと言われるフルエアロの車に
乗ってみたいという方もいらっしゃるでしょう。

でも見つけにくいのが現状ですね。

そんな時に下記でご紹介している無料サービスが役立つと思いっます。

下記にも同時に目を通しておいて下さい。

↓↓

中古車アルファードを希望条件で購入する方法

アルファードはカスタムパーツが豊富でDIYでの対応も可能です。

しかし、自己責任が前提となるため、
日頃からDIYに慣れている方でないと
パーツは購入したものの取り付けを業者に頼む
ことになり結局高い出費となることも珍しくありません。

10系後期のアルファードとなると発売から
随分時間が経過していますので、
全国ベースで程度の良いカスタム車を探すと
掘り出し物が見つかるかもしれませんね。

とはいってもどうやって見つけるのかが問題ですね。

中古車販売大手のガリバーと提携している
下記のサービスを一度ご覧になってみてください。

希望する条件の車を無料で教えてくれます。

>>> 中古車無料お探しサービス

このサービスの特徴の抜粋は以下となっています。

  • 相談だけでもOK!登録はカンタン1分!
  • 最長10年保証
  • 返品OK
  • 修理履歴なし
  • 非公開車両60万台以上

一度ご確認してみても損はないと思います。

【同時によく読まれている記事】

 

>>>  目次ページに戻る

 

新型アルファードを30万円以上

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です