特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き その他

 


どんな車にもエンブレムはあるものですが、アルファードのフロントグリルにカッコいい存在感のあるエンブレムが付いています。

 

このエンブレムはシルバーだけでなく別の色の場合もあります。

 

ここでは、そんなアルファードのエンブレムの意味と色の違いを確認します。

 

そして、青とかゴールドというエンブレムの色にどんな思いが込められているかというあたりもチェックしておきましょう。

 

新型アルファードを30万円以上

目次

閉じる

アルファードのエンブレムの意味と色の違い!

 

まず、アルファードのエンブレムの意味とエンブレムの色の違いを確認していきます。

 

  1. アルファードのエンブレムの意味
  2. アルファードのエンブレムの色の違い

 

アルファードのエンブレムの意味

引用元:https://car.motor-fan.jp/article/10008318

 

トヨタの場合はトヨタのTをベースにしたものと独自のエンブレムを持つ場合がありますが、アルファードは独自のエンブレムです。

 

エンブレム外枠の形は少しずつ変わっていますが、中の文字は初代から変わっておらず、この意味はアルファードの車名からきています

 

「アルファード」という車名はギリシャ文字の「α(アルファ)」がベースですが、αというのはα星、すなわち星座における最輝星のことだそうです。

 

例えばオリオン座α星というのはオリオン座で一番明るいベテルギウスのことなのです。

 

そして、アルファードのエンブレムはこの「α」をモチーフにしたデザインなのだそうです。

 

そういえば、確かに「α」に見えてきますよね。

 

アルファードのエンブレムの色の違い

 

アルファードのエンブレムはアルファードが誕生した2008年から基本的に同じで、銀色の縁取りで黒のベースに銀色の「α」でした。

 

ただ、何度か銀色ではないエンブレムが登場したときがあるのです。

 

金色のエンブレム

 

アルファードの金色のエンブレムといえば誰でも思い浮かべるのは特別仕様車「タイプゴールド」でしょう。

 

引用元:https://toyota.jp/alphard/grade/special/

 

これは現行30系「タイプゴールド2」のエンブレムですが、20系のタイプゴールドでは金色のαのエンブレムではありませんでした。

 

青色のエンブレム

 

アルファードには同じシルバーの縁取りにシルバーの「α」でもベースが七宝焼きのような青色のものがあります

 

これが何かというと、ハイブリッドに共通する青色なのです。

 

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/2363443/car/2521702/9080047/parts.aspx

 

タイプゴールドの場合はリアのトヨタマークのエンブレムは金色ではありませんが、ハイブリッドの場合は、こちらも青地に銀色になっているのです。

 

青やゴールドのエンブレムに込められた思いは?

 

では、アルファードの青やゴールドのエンブレムに込められた思いはどういものだったのでしょうか。

 

  1. 青のエンブレムに込められた思い
  2. ゴールドのエンブレムに込められた思い

 

青のエンブレムに込められた思い

 

国際的に環境対応については「ブルーアース」のイメージなのでしょうが、青が使われる場合が多いようです。

 

トヨタのハイブリッド車はブルーのエンブレムですし、日産のe-powerもフロントに青いVラインが入っています。

 

おそらく環境対応していますよというアピールを込めて青のエンブレムを採用しているのでしょうね。

 

ゴールドのエンブレムに込められた思い

 

ゴールドのエンブレムのわけは「タイプゴールド」だからなのですが、ゴールドというのは最上級ということのようです。

 

特別仕様車として、アルファードの中でも上級であるという主張が名前に入っているのです。

 

20系のタイプゴールドではエンブレムまでゴールドではなかったのですが、今回はこうしたコンセプトをより分かりやすくしたのでしょう。

 

まとめ

 

アルファードのエンブレムの色は明確に使い分けられています。

 

特に青は環境面での明確な主張がありますし、リアのエンブレムも同じコンセプトなので知っていればハイブリッドと一目でわかります。

 

金のエンブレムは特別仕様車で、ちょっといい車だぜというアルファードらしい自己主張といったところでしょうか。

 

アルファードのエンブレムの基本コンセプトは3代にわたって受け継がれていますが、次のモデルチェンジではどうなるのか、楽しみですね。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!

 

>>  目次ページに戻る