特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き その他

 


アルファードに限らずインチアップするときはノーマル車高のままにする場合と、車高を下げてローダウンにするという選択肢があります。

 

気になるのはノーマル車高でインチアップした時の見栄えと乗り心地です。

 

ここでは、まず、アルファードをノーマル車高で19インチ、20インチにインチアップしている事例を紹介します。

 

そのうえで、ノーマル車高で19インチ、20インチにインチアップして乗り心地に違いがあるかをチェックしておきます。

新型アルファードを30万円以上

 

目次

閉じる

アルファード ノーマル車高で19インチと20インチにインチアップ

 

まず、アルファードをノーマル車高のまま19インチ、20インチにインチアップしている事例を紹介していきます。

 

  1. アルファード ノーマル車高で19インチにインチアップ
  2. アルファード ノーマル車高で20インチにインチアップ

 

アルファード ノーマル車高で19インチにインチアップ

 

まず、アルファード ノーマル車高で19インチにインチアップした事例です。

 

引用元:http://www.trytinc.net/construction/30%E5%BE%8C%E6%9C%9F%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%81%ABtrd-tf5-19%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%92%E8%A3%85%E7%9D%80

 

タイヤサイズは245/45R19ですが、人によってはタイヤハウスの隙間の大きさが気になるかもしれません。

 

ノーマルサイズの高扁平率タイヤならタイヤ部分が大きいので隙間があまり気にならないんですけどね。

 

ただ、私はこの程度のタイヤハウスの空間は気になりません。

 

アルファード ノーマル車高で20インチにインチアップ

 

次に、アルファード ノーマル車高で20インチにインチアップした事例です。

 

引用元:https://bbs.kakaku.com/bbs/70100110661/SortID=23456946/

 

タイヤサイズは245/40R20です。

 

インチアップ&ローダウンが普通と思っている方にはタイヤハウスの隙間がとても気になるかもしれません。

 

では、参考に、同じタイヤサイズで車高調を入れてローダウンした事例です。

 

引用元:https://www.craft-web.co.jp/blogs/hamamatsu/20%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A7%E3%81%AE%E9%AB%98%E7%B4%9A%E6%84%9F%E3%82%92%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%EF%BC%81/

 

極端なローダウンではありませんが、見た目は全く違います。

 

これは好みの問題なので、ここではインチアップにあわせたローダウンをすすめるわけではありません。

 

アルファード ノーマル車高でインチアップした時の乗り心地

 

アルファード ノーマル車高でインチアップした時の乗り心地を19インチ、20インチでチェックしていきます。

 

  1. アルファード ノーマル車高で19インチにインチアップした時の乗り心地
  2. アルファード ノーマル車高で20インチにインチアップした時の乗り心地

 

アルファード ノーマル車高で19インチにインチアップした時の乗り心地

 

アルファードの純正タイヤサイズは225/60R17もしくは215/65RR16です。

 

インチアップするとホイールの径が大きくなりますので、タイヤ部分の厚さを薄くしなければなりません。

 

一般的にはタイヤの扁平率を下げるとタイヤが薄くなるかわりにタイヤの剛性が上がり、走行性能が向上すると言われています。

 

だから、インチアップの本来の目的はこうした扁平率の低いタイヤを履くためにホイールを厚くするというものだったのです。

 

ホイールを大きくしてタイヤを薄くすると確かにカッコよく、走行性能は一般的には向上します。

 

ただ、タイヤの扁平率が高いほどゴムの部分が厚くなりクッション性がアップし、 路面の衝撃を吸収しやすくなるので、乗り心地は良くなります

 

また、アルファードの場合、純正タイヤサイズで良好な乗り心地になるように最適化されているので、扁平率が40になれば乗り心地は確実に悪化します。

 

ただ、ダウンサスや車高調によってローダウンした時に比べると、乗り心地の悪化の度合いは圧倒的に低いと言えます。

 

アルファード ノーマル車高で20インチにインチアップした時の乗り心地

 

アルファード ノーマル車高で20インチにインチアップした時の乗り心地は19インチにインチアップした場合と極端には変わりません

 

ただ、先ほど紹介した245/40R20の場合ならそうですが、扁平率が35となると乗り心地はかなり悪化するものと思われます。

 

だから、乗り心地と両立させるなら、低扁平率はほどほどにした方がいいですし、乗り心地を言うならノーマル車高はありなのです。

 

20インチにインチアップした場合の乗り心地は、ロードノイズも含めて「アルファード20インチの乗り心地に影響するロードノイズとタイヤサイズ」をご覧ください。

 

まとめ

 

アルファードのインチアップ時にノーマル車高でいくと、タイヤハウスの隙間が気になるかもしれません。

 

ただ、必ず乗り心地が悪化するインチアップの際にノーマル車高というのは意外といい選択肢なのです。

 

車のバランスはノーマル車高が前提ですし、ノーマル車高ならアライメントの調整も不要す。

 

しかもインチアップで悪化する乗り心地をローダウンでさらに悪くする心配もありません。

 

これは価値観の問題なので、見た目さえ気にならなければ、ノーマル車高で19インチ、20インチへのインチアップ、ありだと思いますよ。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!

 

>>  目次ページに戻る