特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き その他

 


アルファード30系のヘッドライトは非常に洗練されたデザインですが、そんな中で存在感を発揮したいというニーズもありますし、上位グレードの機能を付加したいという要望もあるようです。

 

ここではそんなアルファード 30系のヘッドライトのカスタマイズについて整理しておきましょう。

新型アルファードを30万円以上

目次

閉じる

アルファード30系のヘッドライトの交換

 

アルファード30系のヘッドライトは、上級グレードではイルミネーション(デイライト)機能やコーナリングランプ機能が付いていますし、Executive Lounge、GF、SA“Cパッケージ”、S“Cパッケージ”にはオートマチックハイビームが付いています。

 

特にイルミネーション(デイライト)機能付きは、ライトの非点灯時も見た目が違ってきますし、デイライトをすっきり装着するにはこれしかありませんから、換装を考えたくなるところです。

 

といっても交換はそれほど簡単ではありません。

 

ヘッドライトユニット一式で20万円以上しますし、単純に交換したのではメーター内にエラーメッセージが出てしまい、正常動作しません。

 

これを回避するには配線の加工が必要なのですが、特殊な業者にしか加工はできないようです。

 

ただ、それでもキットを販売しているところはあるようですが、総額で30万円近くはかかるようです。

 

 

アルファード30系のヘッドライトのカスタマイズ

 

アルファードのヘッドライトそのものの交換はハードルが高いのですが、比較的安価で簡単にできるカスタマイズもあるのです。

 

《ヘッドライトカバー》

 

アルファード30系のヘッドライトのカスタマイズの中でも簡単にできるのがヘッドライトカバーの装着です。

 

これはスモークタイプのヘッドライトカバーですから、非点灯時はライトユニットが全く見えません。

 

目立つことは間違いありませんから、お買い得と言っていいでしょう。

 

 

《アイライン》

 

アルファード30系のヘッドライトのアイラインを入れるガーニッシュです。

この製品はヘッドライト上部にラインが入るので、雰囲気は全く変わってきます。

 

 

これは未塗装ですが、塗装済みの製品も税込み22,226円(送料同じ)で提供されていますから、こちらの方がいいかもしれません。

 

 

《ポジション化》

 

アルファード30系のヘッドライトはウインカー一体型なので、ウインカーのポジション化も有効です。

 

フロントライト付近の光量が増しますから、存在感は大きくなることは間違いありません。

 

価格はドアミラーウィンカーとセットでカスタム化としては高くない金額です。

 

 

アルファード30系のヘッドライト本体のカスタム化はハードルは高いものも不可能ではありません。

 

ただ、それなりに金額もかかりますので、ヘッドライトカバーなどの比較的お金がかからずに効果の大きいカスタマイズも検討してみてもいいかもしれません。

 


>>>  目次ページに戻る

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!

 

>>  目次ページに戻る