特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き 特集-VSエルグランド

 


アルファード30系後期に乗っておられる方をみると思わぬ便利グッズを使われている場合があります。

 

また、アルファード30系後期には乗っていても気づかない隠れ機能もあるようです。

 

どちらも、これからもアルファードに乗り続けるには重要なことだと思います。

 

ここでは、そんなアルファード30系後期の便利グッズや隠れ機能を紹介していきましょう。

新型アルファードを30万円以上

目次

閉じる

アルファード30系後期の便利グッズって何?

 

まず、アルファード30系後期の便利グッズをいくつか紹介していきましょう。

 

  1. 荷物用ネット
  2. 防水シートカバー
  3. 電波遮断キーケース
  4. オートブレーキホールドキット
  5. シートベルトエクステンダー

 

荷物用ネット

 

アルファードは荷物の収納スペースは広いのですが、そのぶん荷物が動きやすく、また高い天井も有効利用したいところです。

 

まずご紹介するのが汎用のラゲッジネット、これがあれば荷崩れや荷物がごろごろ転がるということも防げます

 

税・送料込みで2,480円ですから、効果を考えれば安いものです。

 

 

 

もう一つ紹介したいのが天井カーゴネットです。

 

これなら、高い室内高が有効活用できますし、すぐに取り出せるのも便利そうです。

 

価格は税・送料込み2,380円と、これもエコノミーです。

 

 

 

防水シートカバー

 

アルファードに小さなお子さんが乗られる方、あるいはペットを乗せられる方、水濡れが心配な方におすすめのグッズです。

 

なにしろ、ヘッドレストに取り付ければ防水シートになるのですから言うことはありません。

 

価格も税・送料込みで2,980円ですから、気軽に購入できそうです。

 

 

 

電波遮断キーケース

 

アルファードをリレーアタックによる盗難から防ぐには必須のグッズです。

 

価格は税・送料込みで2,190円ですから、効果を考えれば安いものです。

 

 

 

家族で共用したい方は缶タイプで価格は税・送料込みで2,530円のこの製品がいいかもしれません。

 

 

 

オートブレーキホールドキット

 

オートブレーキホールドは便利なのですが、シートベルトを外したり、ドアを開けたり、エンジンをOFFにすると機能が解除されてしまいます。

 

このキットをカプラーオンで取り付けると、ブレーキホールド機能を自動オンしてくれるのです。

 

価格は税・送料込みで6,980円ですから、そう高価なものでもありません。

 

 

 

 

 

シートベルトエクステンダー

 

シートベルトの警告音を解除するグッズです。

 

妊婦さんなどでシートベルトを着用していない方がおられますが、腹痛や出血がひどかったり、陣痛が始まった等緊急な場合のみ許されるので、その前提で紹介します。

 

具体的な製品の紹介はしませんが、2、3千円で手に入りますし、バックルに差し込むだけなので簡単に装着できます。

 

 

アルファード30系後期の隠れ機能って何?

 

アルファード30系後期には隠れ機能っていうか、初期設定を変更できる機能や意外なところで操作できる機能がいくつかあるのです。

 

ここでは、そんな隠れ機能を中心に紹介していきましょう。

 

  1. 車両カスタマイズ設定
  2. イルミネーションのマルチインフォメーション画面での操作
  3. ドライビングポジションのキーへの登録

 

車両カスタマイズ設定

 

アルファードの場合、ディーラーの手を煩わせなくても、マルチメディア画面から車両設定の初期値を変更できます

 

詳細はマニュアルを見てもらった方がいいのですが、オートドアロックやパワースライドドアの作動、イルミネーションの消灯までの時間などが自分で設定できるのです。

 

代表的なものは下記のとおりです。

 

  • ドアロック機能の変更(シフトノブをP以外にしたときの全ドアのロック施錠や車速感応オートドアロック)
  • パワースライドドアのスイッチを押してからの反応時間
  • コンライト(オートライト)の感度設定
  • ドアを解錠、施錠した時のブザーの音の大きさや非常点滅等の点灯の有無
  • 降車時の運転席シートの移動量

 

ドアミラーの格納法をドア施錠との連動からパワースイッチとの連動式に変更することなどもできますが、ディーラー対応になります。

 

 

イルミネーションのマルチインフォメーション画面での操作

 

イルミネーションは普通はリアのエアコン吹き出し口のところのスイッチで操作します。

 

しかし、ステアリングスイッチを使ってマルチインフォメーション画面での操作も可能です。

 

ルーフカラーイルミネーションの照度や色、パーソナルランプの消灯、リアパーソナルランプのラウンジモード化が可能なのです。

 

 

ドライビングポジションのキーへの登録

 

アルファードの場合3人分のドライビングポジションが設定でき、ボタンで選択するのですが、この情報をキーに紐づけできるのです。

 

紐づけの仕方はちょっと面倒なのでマニュアルを読んでください。

 

登録さえしておけば、ドアロックを解除した時に乗りやすいようにシートを少し後ろにセットし、エンジンをかければ設定位置に移動します。

 

 

まとめ

 

アルファードを便利に使おうと思ったら便利グッズをこまめに探すといいでしょう。

 

紹介した以外にも便利グッズはたくさんありますし、総じて安いのもうれしいところです。

 

隠し機能は、こんなことできないかなと思ったらディーラーに訊くことです。

 

昔ならハイブリッドの接近警告音のボリューム調整やシートベルト警告音の解除もできていたのですが、それでもできることはいろいろあります。

 

アルファードは、工夫次第でもっと便利に使えるはずですから、いろいろ挑戦してみてください。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!