特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き 特集-VSエルグランド

 


アルファードには他メーカーのミニバン同様、7人乗りと8人乗りがあります。

 

それぞれにメリットがあると思うのですが、8人乗りからわざわざ7人乗りへ変更される方がおられるようなのです。

 

ここでは、アルファードの8人乗りから7人乗りへ変更する理由は何なのかを確認し、改造するメリット、そして費用をチェックしておきましょう。

新型アルファードを30万円以上

目次

閉じる

アルファード 8人乗りから7人乗りへ変更ってなぜ?

 

まず、7人乗り、8人乗りのメリット、デメリットを確認したうえで、なぜ7人乗りに変更するのか考えてみましょう。

 

  1. アルファード 7人乗りのメリット、デメリット
  2. アルファード 8人乗りのメリット、デメリット
  3. なぜ7人乗りに変更するのか?

 

アルファード 7人乗りのメリット、デメリット

 

アルファード 7人乗りのメリット、デメリットを整理しておきます。

アルファードの7人乗りのメリット

 

アルファードの7人乗りのメリットは以下のとおりです。

 

  • 2列目シートが独立しているため、ホールド性にも優れ、個別にシートポジションを調節できるので快適
  • 左右シートの間をウォークスルーできるので3列目シートへのアクセスが容易
  • 2列目シートのゆったり感が大きい
  • 多彩なシートアレンジが実現できる

 

何といっても魅力的なのは多彩なシートアレンジで、助手席のロングスライドを使った助手席拡大モードなどは7人乗りならではです。

 

長尺物が積めるエクストラロングラゲージモードや助手席側の1、2列目の足元スペースを広く確保するダブルトライアングルモードも2列目が独立しているから可能なのです。

 

3列目シートへのウオークスルーも2列目シート独立の恩恵ですね。

 

アルファードの8人乗りのデメリット

 

アルファードの8人乗りのデメリットは以下のとおりです。

 

  • 8人乗りより乗車員が1名少ないこと
  • 2列目のベンチシートの利便性がなくなること

 

2列目ベンチシートの利便性は8人乗りのメリットで説明します。

 

 

アルファード 8人乗りのメリット、デメリット

 

アルファード8人乗りのメリット、デメリットも整理しておきます。

 

アルファードの8人乗りのメリット

 

アルファードの8人乗りのメリットは以下のとおりです。

 

  • 乗車人数が多い
  • 2列目がベンチシートなのでシートが広く多目的(物を置いたり、おむつ替えをしたり)に使える
  • 7人乗りよりも安い(特に中古車は価格差が大きい)

 

何といっても大きいのは乗車定員で、大家族の場合は8人乗りの一択でしょう。

 

少し前まではミニバンの標準仕様が8人乗りで、一部グレードに7人乗りの設定があったものです。

 

しかし、現行アルファードでは、ガソリン車でXとS、ハイブリッドではXにしか設定がなく、豪華で多彩なシートアレンジを誇る高級グレードはすべて7人乗りです。

 

それから、2列目がベンチシートなのですが、フラットで大きなシートがあると案外便利なものです。

 

運転席と助手席が一体になったベンチシートもありますが、バッグや買い物を置くのになかなか便利ですし、おむつ替えはベンチシートじゃないと難しいかもしれません。

 

アルファードの8人乗りのデメリット

 

アルファードの8人乗りのデメリットは以下のとおりです。

 

  • シートアレンジに制約がある
  • 3列目シートへのアクセスが面倒

 

たった2つと思われるかもしれませんが、これが大きなデメリットなのです。

 

なぜ7人乗りに変更するのか?

 

いろんな方の口コミや意見を見てみると、7人乗りと8人乗りのどちらにするかは、買う前に相当検討されているみたいですね。

 

ただ、買った後の家族構成や使用シーンのの変化があったことが7人乗りへの変更につながっている場合が多いようです。

 

特にセカンドシートにチャイルドシートを装着しながらサードシートを使う場合は事情は切実なようです。

 

詳しくは以下で説明していきます。

 

 

アルファード 8人乗りから7人乗りへ改造するメリットは?

 

ここでは、アルファードをわざわざ8人乗りから7人乗りへ改造するだけのメリットは何なのか、費用とコストパフォーマンスはどうか、というあたりをチェックしておきます。

 

  1. アルファード 7人乗りへ改造するメリット
  2. アルファード 7人乗りへ改造する費用とコストパフォーマンス

 

アルファード 7人乗りへ改造するメリット

 

7人乗りのメリットでほとんど説明しているのですが、例えば、8人乗りでセカンドシートにチャイルドシートを付けると、サードシートの乗降性がかなり悪化します。

 

また、7人乗りのシートアレンジなら、セカンドシートにチャイルドシートを付けても助手席を後部に大きくスライドさせればお子さんの世話が簡単にできるのです。

 

これが助手席スーパーロングスライドシート (助手席前拡大モード)です。

 

引用元:https://global.toyota/jp/download/23796352

 

これなら、助手席からお子さんの顔も見えますし、お世話も簡単です。

 

これがダブルトライアングルモードです。

 

引用元:https://global.toyota/jp/download/23796360

 

これならチャイルドシートに座ったお子さん2人を助手席と後部座席からお世話ができそうです。

 

もちろん、サードシートへはウオークスルーできますから、サードシートの利便性も大幅に向上します。

 

 

アルファード 7人乗りへ改造する費用とコストパフォーマンス

 

アルファード 7人乗りへの改造は可能です。

 

中にはDIYでされている方もおらるのですが、見つかったのは20系で、30系では見当たりませんでした。

 

費用は部品代も含めて数十万円かかるうえに、乗車定員変更(8人→7人)の構造変更申請も必要になります。

 

それくらいなら8人乗りXの代りに7人乗りを、8人乗りのSの代りに7人乗りのS”Cパッケージ”を買った方がいいに決まっています。

 

ただ、買ってしまってからではどうしようもないのですが、それでも改造するとなると、コストパフォーマンスは極めて悪いと思ってください。

 

チャイルドシートを使う間だけと割り切ってセカンドシートを取っ払っている方もいるので紹介しておきます。

 

もちろん、この場合も構造変更申請が必要になります。

 

 

まとめ

 

アルファードを8人乗りから7人乗りへ改造するのは極めて不経済ですが、それでもしたいというからには理由があります。

 

その多くは快適なシートを求めるものではなくて、セカンドシートにシートベルトを装着した場合のサードシートのアクセスの悪さです。

 

もちろん7人乗りを選べばいいのですが、家族構成から8人乗りを選ばざるを得ない場合もあると思います。

 

8人乗りでこうした問題が解決できるシートが開発されるといいのですが、当面は購入時に後悔のないように、しっかり検討するしかないようですね。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!