特集-10系20系 特集-価格値引き
特集-ハイブリッド 特集-カスタム
特集-限界値引きから値引き 特集-VSエルグランド

 


アルファードは大きな車で、キャンプにも向いていますが、本格的に、しかも頻繁にキャンプをするとなるとキャンピングカーという選択肢もあるでしょう。

 

キャンピングカーといっても本格的なキャンピングカーから、車内を車中泊仕様にした程度のものもあります。

 

ここでは、ポップアップルーフを装着した、普通の方でも手を出せそうなキャンピングカーを前提に考えていきます。

 

そして、アルファードのキャンピングカーへの改造費用がどれくらいかかるのか、中古購入価格どっちがお得かをチェックしていきます。

新型アルファードを30万円以上

目次

閉じる

アルファードのキャンピングカーと改造費用

 

まず、アルファードのキャンピングカー仕様にはどのようなものが必要かを確認し、改造費用をチェックしておきます。

 

  1. アルファードのキャンピングカーに必要なもの
  2. アルファードのキャンピングカーへの改造費用

 

アルファードのキャンピングカーに必要なもの

 

アルファーをキャンピングカーに改造するなら、以下の装備は最低限欲しいところです。

 

  • ベッド
  • 電源
  • 冷蔵庫
  • 車内で家電製品を使うためのサブバッテリー
  • 安定的な電源(ソーラーパネル、外部電源、自家発等)

 

本当はキッチンやシャワー、トイレも欲しいところですが、それを言うと本格的なキャンピングカーが必要になってきます。

 

引用元:https://car.biglobe.ne.jp/used_car/detail-pub-700040301030210424001/

 

これはハイエースバンベースの本格的なキャンピングカーで、アルファードだってここまですれば完璧なのですが、ここではそこまでは考えないことにします。

 

ただ、ベッドについては、家族でのキャンプを前提にすれば大人4人がゆったりと眠れるベッドが欲しいところです。

 

アルファードのシートはフルフラットにしても完全に平らではありません。

 

また、どう考えても4人も寝ることはできないのです。

 

となると、ここで必要になってくるのは「ポップアップルーフ」、そして「アッパーベッド」の設置です。

 

ポップアップルーフについては随分前にマツダボンゴフレンディが装備していて、当時はずいぶん話題になりました。

 

引用元:https://bestcarweb.jp/news/entame/199701

 

電源については、アルファードにはハイブリッドなら100V1500Wのアクセサリーコンセントがありますが、ガソリン車は100V100Wなので少し検討が必要です。

 

また、エンジンを常時かけておくわけにはいきませんので、何らかの電源確保も必要になってきます。

 

 

アルファードのキャンピングカーへの改造費用

 

アルファードをキャンピングカーに改造する場合、一番お金がかかるのは「ポップアップルーフ」と「アッパーベッド」です。

 

本体+取り付け工賃でざっと100万円程度ですが、80万円程度で改造できたという情報もありますので、情報収集してみてください。

 

ちなみに、車検上の構造変更の手続きが必要となりまが、先ほどいった100万円にはこの経費も含まれると思ってください。

 

これに、フルフラットを平らにするための「アンダーベッド」やエンジン停止時のサブバッテリー、ソーラーパネル、外部電源を加えると60万円かかります。

 

また、ガソリン車の場合1500W電源が必要なのでプラス10万円程度は必要になってきます。

 

ということで、およそ160~170万円の改造費用といったところでしょうか。

 

 

アルファードのキャンピングカー 中古購入価格どっちがお得?

 

アルファードのキャンピングカー改造には、およそ160~170万円の改造費用がかかりますが、中古購入価格とどっちがお得でしょうか。

 

ということで、アルファードのキャンピングカー仕様はずいぶん探したのですが、ほとんど見つかりませんでした。

 

見つかったのはこの車だけで、2004年式と古く、走行距離も22.3万kmときています。

 

引用元:https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/17/700100192230191104001.html

 

ただ、ポップアップルーフに加え、可倒式ソファーベット、コンロ、流し、アッパーベット、サブバッテリー、冷蔵庫を装備して、98万円ですから安いと言えば安いです。

 

一般的には中古車では、キャンピングカーは改造費用を考えるとたいていの場合非常にお得です。

 

ただ、タマ数が少ないので巡り合えるかどうかは確証はありません

 

できることは、粘り強く探すことだけです。

 

まとめ

 

アルファードはどちらかというと優雅に乗る車なので、キャンピングカーへの改造はそう多くありません。

 

むしろ、フルサイズワゴンである「グランエース」の方が向いているのかもしれませんし、事実改造事例も豊富です。

 

しかし、ポップアップルーフの装着などはアルファードの端正な外観を損ないませんし、改造例が少ないだけにカスタム化の効果も大きいかもしれません。

 

ただ、車体を切る高価な改造だけに、自分が求めるようなものになるかどうかは重要です。

 

施工を決断する前に、他の車種でも構いませんから、施工例をしっかり確認されることをおすすめします。

アルファードを限界値引きから更に安く購入する方法!

 

現行の30系アルファードが発売開始されたのは2015年。

 

30系アルファードも既に発売から6年が経過していますのでいつフルモデルチェンジが実施されても不思議ではない時期となっています。

 

最近になって次期アルファードである40系の情報が流れ始めていますね。

 

とはいっても30系の人気は落ちません。

 

値引きの方はモデル末期ということもあり値引きも随分と緩んでいますが、更に大幅にアルファードを購入する方法があるのをご存知でしょうか。

 

既にご存じかもしれませんが、知らないと損することになるので一度目を通して見てください。

 

>> アルファードを大幅に安く購入する方法を確認する!