アルファード30系 内装(インテリア)の特筆すべき部分

アルファード30系はエクステリアの存在感が印象的ですが、なかなかどうして、内装の充実ぶりも相当のものです。

ここではアルファード30系 内装(インテリア)の特筆すべき部分をチェックしておきましょう。

新型アルファードを30万円以上

アルファード30系の内装

アルファード30系の内装はとにかく豪華です。

インパネは広大なイメージで、メーターにはカラーディスプレイを装着した近未来的なイメージとなっています。

室内には木目調パネルや人工皮革がふんだんに使われ、高級感を醸し出しています。

alphard30-naisou-01

アルファード30系のシート

アルファード30系のシートは非常に豪華です。

Executive Lounge、GFは本革、G、SA“Cパッケージ”、S“Cパッケージにはファブリック+合成皮革が採用され、パワーシート、オットマンの採用、多彩なシートアレンジなど筆舌に尽くせない充実ぶりなのですが、その中でも特筆すべきところを紹介しましょう。

《助手席スーパーロングスライドシート》

アルファード30系のガソリン車のG7人乗り、SA、S“Aパッケージ”に標準装備されているのが、助手席スーパーロングスライドシートです。

何と最大1,160mmもロングスライドするのです。

セカンドシートと同じレール上にシートを設置したことによるものですが、逆にセカンドシートも前方に大きくスライドできますから、サードシートの足もとを2,150mmまで拡大することも可能なのです。

残念ながらハイブリッド車には設定がありませんし、上級グレードも対象外になります。

alphard30-naisou-02
alphard30-naisou-03

《エグゼクティブラウンジシート・エグゼクティブパワーシート》

アルファード30系のガソリン車のExecutive Lounge、GF、SA“Cパッケージ”、S“Cパッケージ”には助手席スーパーロングスライドシートが採用されていませんが、それはおそらく2列目のエグゼクティブパワーシート採用のせいでしょう。

最大500mmの前後シートスライドが可能で、オットマンの展開・収納、リクライニング操作が電動、両側のアームレストには、木目調加飾が施され、同じく木目調加飾の折りたたみ式サイドテーブルで付いているのです。

alphard30-naisou-04

Executive Loungeに採用されているエグゼクティブラウンジシートは、オットマンに伸縮機能が付加され、快適温熱機能も含めて、よりハイグレードな装備になっています。

アルファード30系のLEDルーフカラーイルミネーション

アルファード30系で特徴的なのは、室内の天井に配置されたLEDのルーフカラーイルミネーションです。

カラーLEDを使っているので16色の光のバリエーションがあり、好みの色と4段階の明るさにカスタマイズできるのです。

alphard30-naisou-05

アルファード30系のフルオートエアコン

アルファード30系のフルオートエアコンは、前席左右・前後独立温度コントロールタイプです。

前席左右と前後席の温度をを独立して自動コントロールするシステムを採用しており、センサーは車外の空気の質も自動検知して外気取り入れ・内気循環に自動的に切り替えるという凝りようです。

アルファード30系の内装は豪華なことはもちろんなのですが、機能面でもかなり充実してきています。

特にシート面での充実ぶりは著しく、他車を圧倒していると言っても過言ではありません。

内装に関しては、実際に見てみないと質感や使い勝手はわかりませんから、ぜひ一度、アルファード30系を試乗してみることをおすすめします。

新型アルファードを最大値引きで購入する方法!

新型アルファードの発売から1年以上経過しましたが引き続き大人気ですね。

それにしても高級車のアルファードの価格は高額です。

出来れば安く購入したいと思いませんか?

これからご紹介する方法を正しい手順で実施して
最安で購入にチャレンジしてみてください

モデルチェンジ直後だろうと決算期でなくても関係ありません!

家にいても出来るほどカンタンな方法です。

実践するかしないかは自由なので、
内容だけでも確認してみてください。

>>> 詳細はこちらから!

 

>>>  目次ページに戻る

「新型アルファード」関連記事
下記の「関連記事」欄でご覧になれます。

     ↓↓

新型アルファードを30万円以上

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です