アルファード 20系 タイヤサイズ ホイールの関係

アルファード 20系 後期モデルのカスタム化を考える場合は、すぐにインチアップに目がいくことと思います。特に見た目の効果が大きいですからね。

ただ、ホイールサイズとタイヤサイズは好きに選べるわけではありません。

ここでは、そんなアルファード 20系 タイヤサイズ ホイールの関係を整理しておきましょう。

新型アルファードを30万円以上

アルファード 20系のホイールサイズ

アルファード 20系のホイールサイズについては、小さいほうはブレーキキャリパーに干渉するかどうかなのですが、純正で一番小さいホイールサイズの16インチが限度で、15インチへのインチダウンはできないようです。

 

大きいほうのサイズの制約はホイールとタイヤをあわせて車体と干渉しない範囲内におさまるかどうかですが、アルファード 20系の場合、22インチが限度のようです。

 

アルファード 20系のタイヤサイズ

アルファード 20系のホイールサイズを変えたら当然タイヤサイズも変えることになります。

 

この場合、タイヤがフェンダーに干渉してはいけませんし、フェンダーからはみ出してもいけません。

 

また、基本的にタイヤの外径が大きくなってはいけませんし、20mm以上小さくなってもいけないのです。

 

ちなみに純正サイズの215/65R16の場合は686mm、215/60R17で690mm、235/50R18で692㎜です。ここでは、18インチの692mmを前提にタイヤサイズを考えてみましょう。

 

《17インチ》

純正の215/60R17以外なら235/55R16が同じ外径です。

横からの見た目は全く同じですが、前から見たタイヤ幅が広くなるので、迫力が出てきます。

 

《18インチ》

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HotStuff Laffite LE-03 18 X 7.5 +38 5穴 114.3ブリヂストン REVO GZ 15年製 235/50R18
価格:134440円(税込、送料無料) (2017/3/6時点)

純正の235/50R18以外の選択は難しいですね。ただ205/55にするなら燃費もタイヤコストも安くなりますが。

 

《19インチ》

いよいよインチアップです。タイヤサイズは225/45、255/40といったところでしょうか。

235/45では外径が少しだけ大きくなるので、車検が通るかどうかといったところです。

おそらく255/40でも干渉はしないはずなので、同じインチアップするならこちらでしょうか。

 

《20インチ》

アルファード 20系を20インチにインチアップするなら225/40、255/35あたりでしょう。

これも、運転のしやすさや燃費、コストなら225/40、見た目の迫力なら255/35でしょうね。

 

《21インチ》

アルファード 20系を21インチにインチアップするなら、225/35、255/30といったところでしょう。

265/30でも外径的にはいけますが、フェンダーへの干渉やはみ出しが気になります。

 

《22インチ》

アルファード 20系を22インチにインチアップするなら、255/25、265/25あたりと、かなり非現実的なタイヤサイズになってきます。このあたりが限界でしょう。

アルファード 20系に限らず、インチアップするとなるとタイヤの外径の制約がありますから、自ずとタイヤサイズは限定されますし、下手をすると車検が通らなくなってしまいます。

 

ホイール・タイヤサイズを変える場合は、車検適合も考えて、信頼できるディーラーやショップに頼みたいところですね。

 

旧型(10系、20系)アルファードを最安で購入する方法

新型アルファードの発売が開始され早1年ですが人気は継続しています。

しかし、旧型の10系、20系アルファードに関してもまだまだ人気は持続しているようです。

特にカスタマイズのベース車として購入される方も多いのがアルファードの特徴です。

20系アルファードは高値で下取りされているようですので、中古車販売店での値付けも必然的に高く設定されることでしょう。

今回は、このような状態であっても、希望する条件でしかも最安で購入する方法を下記の記事にまとめました。

>>> 詳細はこちらから!

 

是非一度確認してみてください。

新型アルファードを30万円以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です